ここから本文です

高松まつり「総おどり」も取りやめ 台風接近で運休・催事中止相次ぐ 香川

8/14(水) 19:23配信

KSB瀬戸内海放送

 大型の台風10号は15日、四国に上陸し、香川に最接近します。15日は朝からバケツをひっくり返したような雨が降ります。風も朝から夜遅くまで強く吹くでしょう。

 台風10号の接近に伴い、JRが計画運休することを発表するなど、交通機関にも影響が出ています。

 JR四国は、15日の始発から終日、管内全ての列車の運転を見合わせます。ことでんも全線で15日の始発から終日、運転を見合わせます。

 高松空港は、予定を早めて帰ろうとする人などで混み合いました。空の便は、日本航空が高松発、羽田行きの15日の始発便の欠航を決めています。

 高松港を発着するフェリーと高速艇は15日、終日欠航です。

 瀬戸中央自動車道は、坂出ー児島インターチェンジ間が二輪車のみ通行止めになっています。15日は、午前から全面通行止めになる可能性があります。

 また、台風の影響は観光にも出ていて、各地でイベントの中止や施設の臨時休業が決まっています。
 香川県では、13日に高松市で予定されていた「高松まつり」の花火大会が強風のため中止になりました。

(花火を見にきた人はー)
「今年が初めてで楽しみにしていたんですけど残念です」
「きょう休みを取って来たので残念です」

 また、14日に予定されていた総おどりなどの催しも全て中止になりました。高松まつりの総おどりが中止になるのは、渇水のため全行事の開催を見送った1994年以来25年ぶりです。

最終更新:8/15(木) 11:31
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事