ここから本文です

キャップを買い足すなら、キャッチーなロゴorカラーがおすすめ!

8/14(水) 16:30配信

magacol

夏の公園ママの定番アイテムとして定着しつつあるキャップ。今年っぽいものにアップデートするなら、ぜひキャッチーなロゴ入りかカラーのあるものを選んでみて! 大人でもすっきり被れるアイテムオンリーで、おすすめとコーデを紹介します。

子供っぽく見えづらいのは断然ヴィンテージ風カラー!

直線的に入ったロゴや、イニシャル風ワッペンなら、大人もかぶりやすい。カラーは、ヴィンテージっぽい褪せた風合いなら子供っぽくなりません。

【上から】リッチな雰囲気を出せるコーデュロイ。「P」キャップ¥3,900 (THE DAY ON THE BEACH /ハイブリッジ インターナショナル)こなれて見えるシンプルロゴ。白キャップ¥4,800(シティショップ)黒字に入った白ロゴは抜け感を出す役目も。黒キャップ¥20,000(ローカルオーソリティ/エストネーション)旬のベージュで大人に。「O」キャップ¥4,600(オーバーライド/ override 明治通り店)薄いブルーが爽やかなデニム素材。キャップ¥3,600(Lee/リー・ジャパン カスタマーサービス)くたっとした質感で意外に合わせやすいパープル。キャップ¥3,500 (THE DAY ON THE BEACH /ハイブリッジ インターナショナル)涼しげライトブルーはビューティ&ユース別注! キャップ¥2,660(ニューエラ×ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)夏らしく涼しげなラフィア素材。キャップ¥10,000 (CA4LA /CA4LA ショールーム)

茶系グラデに清涼感を足すライトブルーキャップ

キャップ¥2,660〈ニューエラ×ビューティ&ユース〉タンクトップ¥5,000〈ビューティ&ユース〉(ともにビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)

パンツ¥24,000(エストネーション)シアートレンチ¥53,000(エブール)サングラス¥39,000(プロポ/プロポデザイン)ネックレス¥14,000〈フレームワーク〉バッグ¥98,000〈ヤングアンドオルセン〉(ともにフレームワーク ルミネ新宿店)バングル¥45,000(アンコモンマターズ/TOMORROWLAND)ローファー¥29,000(デ・プレ)

1/2ページ

最終更新:8/14(水) 16:30
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事