ここから本文です

中島擁するポルトに金星のクラスノダール 元バルサFWに興味

8/14(水) 15:51配信

SPORT.es

チャンピオンズリーグ予選3回戦でポルトガルのポルトを退けたロシアのクラスノダールがレアル・ベティスのクリスティアン・テージョに関心を示している。
現時点でテージョにはいかなる正式オファーも届いていないが、彼の代理人のホセ・マリア・オロビッグはポータルサイト『Sport24』のインタビューで同選手への関心が存在するのは事実である事を認めた。

バルサ代表団が正式オファーのため渡仏! アスルグラナの先制パンチは!?

「クラスノダールはテージョ獲得に関心を示しているが、いくつかの困難が存在する。彼は契約解除金が1,200万ユーロ(約14億2,500万円)に設定されているが、その権利の一部はまだバルセロナが所有している。それが全てを難しくさせる」オロビッグはそのように語った。

現時点でベティスは2017年にFCバルセロナに400万ユーロ(約5億円)を支払って獲得した同選手を売却する意向は持っておらず、監督ルビの新プロジェクトにおいて重要な存在になる事を期待している。
またテージョの所有権50%を保持するバルサも彼がベティスで新監督のもと再評価される可能性があると考えている。

ポルトを破り、CL本戦への出場に前進したクラスノダールが今後、テージョの獲得に正式に動くのかその動向に引き続き注目しよう。
もしクラスノダールがテージョの契約解除金を支払う場合、ベティスとバルサにそれぞれ600万ユーロ(約7億円)ずつが分配される事となる。

SPORT.es

最終更新:8/14(水) 15:51
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事