ここから本文です

中島翔哉の他には誰がいる?…名門・ポルトで10番を背負った選手たち

8/14(水) 18:02配信

SOCCER KING

 日本代表MF中島翔哉が、新天地のポルトで公式戦デビューを果たした。今夏、カタールのアル・ドゥハイルからポルトに移籍した同選手は、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦セカンドレグのクラスノダール戦で先発フル出場。ポルトガルの名門クラブの“新10番”として、初めて公式戦のピッチに立った。

 日本代表でも背番号10を背負う中島だが、ポルトの10番はこれまで数々の名選手がつけた伝統ある番号でもある。そこで今回は、ポルトの歴代10番たちを8名紹介する。

※以下、「現所属クラブ」は8月14日時点の情報
写真=ゲッティイメージズ

オリベル・トーレス

生年月日:1994年11月10日(24歳)
国籍:スペイン
ポルト在籍期間:2014年7月~2015年6月、2016年8月~2019年7月
現所属クラブ:セビージャ

昨季までポルトの10番をつけていたスペイン出身の司令塔。今夏のセビージャ移籍に伴い、エースナンバーが中島に継承された。アトレティコ・マドリードの下部組織出身で「近年の最高傑作」と評された逸材だがポルトガルでは伸び悩み、母国復帰で本格ブレイクを狙う。

アンドレ・シルヴァ

生年月日:1995年11月6日(23歳)
国籍:ポルトガル
ポルト在籍期間:~2017年6月
現所属クラブ:ミラン

ポルトの下部組織出身で、20歳の誕生日直後にトップチームデビュー。正式にトップチーム昇格を果たした2016-17シーズンから10番を与えられると、リーグ開幕から2試合連続ゴールを決め、2016年9月にはA代表デビューも果たした。終わってみれば、同シーズンは公式戦44試合に出場して21ゴールを記録。“ポルトのNo.10”として見事な結果を残し、2017年夏に移籍金3800万ユーロ(約45億円)でミランへの移籍を勝ち取った。

パブロ・オスバルド

生年月日:1986年1月12日(33歳)
国籍:アルゼンチン、イタリア
ポルト在籍期間:2015年8月~2016年1月

2015年夏にサウサンプトンからポルトに加入すると、背番号「10」を託された。しかし、公式戦12試合出場で1ゴールを挙げるにとどまり、わずか半年後に退団。その後、ボカ・ジュニオルスへ移籍して母国復帰を果たすも、在籍4カ月で契約を解除した。2016年9月に現役引退を表明すると、現在はミュージシャンに転身し、第二の人生を歩んでいる。

1/3ページ

最終更新:8/14(水) 18:02
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事