ここから本文です

【リーガ初挑戦の選手たち②】ジダンと同じルーツを持つ“1億ユーロ級の選手”…ナビル・フェキル/ベティス

8/14(水) 21:32配信

SOCCER KING

 シリーズでお送りしている“ラ・リーガ初挑戦の選手たち”。第2回は、今夏にリヨンからベティスに加入したフランス代表FWナビル・フェキルを取り上げる。2018 FIFAワールドカップ ロシアの優勝メンバーでもある同選手について、7つのトピックを紹介する。

■ジダン、ベンゼマと同じルーツ

フェキルは1993年7月18日にフランスのリヨンで誕生。レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督やカリム・ベンゼマなど数多くの名選手を輩出しているアルジェリア系フランス人だ。同じルーツということもあり、ジダン監督はレアル・マドリードでの第一次政権時にフェキルの獲得を希望したとも伝えられる。しかし、フェキルはバルセロナファンであることを公言していたこともあって、移籍は実現しなかったという過去がある。

■生粋のリヨンサポーター

フェキルは12歳でリヨンの下部組織に入団。物心ついたときからリヨンのサポーターだったため、念願かなっての入団となった。しかし、フィジカルの弱さを理由に2年でクラブを退団している。その後、地元のクラブで成長を遂げると、リヨンへのUターンに成功。2013年から正式にトップチーム昇格を果たすと、今夏退団するまで公式戦193試合に出場して69得点46アシストを記録した。26歳で初の海外挑戦は遅すぎると見る向きもあるが、それだけ“リヨン愛”が強い選手だとも言える。

■意外な移籍先

フェキルのベティス移籍は大きな驚きをもって伝えられた。それもそのはず、1年前にはリヴァプール入りがほぼ確実という段階まで進んでいたからだ。当時報じられた移籍金は6000万ポンド(現レートで約77億円)。しかし、メディカルチェックで古傷の右ひざに問題が発覚し、リヴァプール側が移籍金の値下げに踏み切ったため、リヨンが交渉を打ち切ったとされる。それから1年後、ベティスが支払った移籍金は“わずか”2000万ユーロ(約24億円。ボーナス等を含まず)。リヨンとの契約期間が残り1年を迎えていたためにこの額となったが、スペイン紙『マルカ』は「本来なら1億ユーロ級の選手」と記事をつづった。

1/2ページ

最終更新:8/15(木) 16:08
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事