ここから本文です

鶴岡東が初の甲子園2勝 センバツ準V習志野敗れる

8/14(水) 13:18配信

日刊スポーツ

<全国高校野球選手権:鶴岡東9-5習志野>◇14日◇2回戦

3年ぶり6度目出場の鶴岡東(山形)が、今春センバツ準優勝の習志野(千葉)を破り、春夏を通じ初の甲子園2勝を挙げ、3回戦に進出した。

【写真】鶴岡東対習志野 7回表鶴岡東2死、大井光来を4者連続となる三振に切り雄叫びをあげる習志野・飯塚

鶴岡東は2回1死一、三塁から山路将太郎内野手(2年)の右前適時打で先制。2死一、二塁から影山雄貴投手(3年)の右越え二塁打、河野宏貴内野手(3年)の左前打も出て3点を追加した。

習志野は先発の山内翔太投手(2年)からエース飯塚脩人投手(3年)に交代。鶴岡東の山下陽生外野手(3年)が、交代直後の初球を中前にはじき返し、5点目を奪った。

8回には丸山連外野手(3年)のソロ本塁打などで3点。9回にも丸山の2打席連続本塁打で加点した。

習志野は4回1死三塁から、高橋雅也外野手(2年)の三塁線を破る適時二塁打で1点を返す。さらに2死三塁から兼子将太朗捕手(3年)の右前打で2点目。7回1死満塁から小沢拓海内野手(2年)の中犠飛で3点目。8回にも2点を返したが及ばす2回戦で涙をのんだ。

最終更新:8/14(水) 15:00
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事