ここから本文です

スペイン紙「壊滅的な事実」アザール個人の価値はリーガ9クラブより上

8/14(水) 10:59配信

ゲキサカ

 レアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールは、リーガ・エスパニョーラの9クラブを上回る市場価値を持っているようだ。スペイン『アス』がドイツ『トランスファー・マルクト』の情報を引用して報じている。

 チェルシーのエースに君臨していたアザールは今夏、1億ユーロ(約119億円)+2000万ユーロ(約24億円)のボーナスでレアルに移籍。同紙によるとアザールの市場価値は1億5000万ユーロ(約178億円)で、2億ユーロ(約238億円)のFWキリアン・ムバッペ、1億8000万ユーロ(約214億円)のFWネイマール(ともにパリSG所属)に次ぐ3番目に位置しているという。

 また、その価値は単独でリーガの9クラブを上回っているようだ。

・エデン・アザール…1億5000万ユーロ(約178億円)
・ヘタフェ…1億4100万ユーロ(約168億円)
・レバンテ…1億800万ユーロ(約128億円)
・アラベス…9700万ユーロ(約115億円)
・バリャドリー…8415万ユーロ(約100億円)
・レガネス…8180万ユーロ(約97億円)
・エイバル…7105万ユーロ(約84億円)
・オサスナ…3830万ユーロ(約46億円)
・グラナダ…2790万ユーロ(約33億円)
・マジョルカ…2560万ユーロ(約30億円)

 同紙はこれを「壊滅的な事実」と表現し、「レアル・マドリーにとって何年もの間、最もエキサイティングなサインの1つになった」とレポートしている。

最終更新:8/14(水) 10:59
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事