ここから本文です

元日本代表DF酒井高徳が神戸に正式加入! 「自分のキャラクターやプレー面でチームにプラスを」

8/14(水) 16:22配信

ゲキサカ

 ヴィッセル神戸は14日、ブンデスリーガ2部ハンブルガーSVに所属する元日本代表DF酒井高徳(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 酒井は2012年1月に当時所属していたアルビレックス新潟からドイツのシュツットガルトに移籍。15年夏にはハンブルガーSVに移籍し、残留争いをするチームの中で持ち前のリーダーシップを発揮した。しかし2シーズン前にクラブは初の2部降格を経験。返り咲きを期待された昨シーズンも復帰を逃し、矢面に立たされた酒井は“戦犯”扱いされるなど苦しい時期を過ごしていた。

 クラブ公式サイトを通じて、酒井は「今回、縁があって神戸に来られた事はすごく光栄です」とコメント。「ドイツで8年間やってきた経験をしっかりチームに活かし、自分のキャラクターやプレー面で少しでもチームにプラスの栄養素を与えられればと思っています」と意気込みを伝えている。

以下、プロフィール
●DF酒井高徳
(さかい・ごうとく)
■生年月日
1991年3月14日(28歳)
■身長/体重
176cm/74kg
■出身地
新潟県
■背番号
24
■経歴
新潟ユース-新潟-シュツットガルト-ハンブルガーSV
■出場歴
J1リーグ:74試合1得点
カップ戦:9試合0得点
天皇杯:4試合0得点
ブンデスリーガ:170試合2得点
ブンデスリーガ2部:31試合0得点
ドイツカップ:17試合0得点
ヨーロッパリーグ:11試合1得点

最終更新:8/14(水) 19:07
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事