ここから本文です

GPSが不正確に ── 地球の磁極はますます速く移動している

8/15(木) 20:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

地球の北磁極は常に移動している。

近年、北磁極の移動スピードが速くなっていることを受けて、アメリカ海洋大気局(NOAA)らは、予定を前倒しして世界地磁気モデル(WMM)を更新した。WMMは、GPSアプリからアメリカ国防省のナビゲーションシステムまで、あらゆる位置情報システムのベースとなっている。

【全画像をみる】GPSが不正確に ── 地球の磁極はますます速く移動している

地球の磁場が変動し続ける理由は解明されていない。地球の磁場は、恐ろしい太陽風から我々を守っている。だが、ある理論によると、地球の核(コア)の内部の地磁気の動きが、磁場を大きく変動させている。

新たな研究では、研究者たちは急激な地磁気の変動の発生源と時期をモデル化した。

2003年に公開されたハリウッドのSF大作『ザ・コア』は、地球の中心部にある核(コア)の回転が突然止まり、地球の磁場が崩壊するというストーリーだった。地場の崩壊で発生した強力なマイクロ波がローマのコロッセオを破壊し、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを溶かした。

ミネソタ大学の地震学者、ジャスティン・リヴィノー(Justin Revenaugh)氏によると、「映画の描写はほぼすべてが間違っている」。だが、地球の磁場が地球上の生物を死滅させる破壊力を持つ太陽放射から、地球を守っていることは事実。磁場がなければ、太陽風は地球の海と大気を吹き飛ばしてしまう。

しかし、地球の磁場は安定していない。

過去1世紀にわたって、科学者たちは地球の北磁極(地理上の北極とは一致しない)との追いかけっこを繰り広げてきた。毎年、北磁極は平均で50キロほど、北に移動している。

この移動により、世界地磁気モデル(World Magnetic Model :WMM) ── 地磁気を追跡し、コンパス、スマートフォンのGPS、飛行機や船のナビゲーションシステムに情報を提供する ── は不正確になっている。WMMの次の定期更新は2020年まで行われない予定だったが、北磁極の加速する移動に対応するため、米軍が前例のない繰り上げ更新を要請する事態となった。

このほど、北磁極が移動する理由を解き明かす、新たな研究が発表された。今後は移動の予測が可能になるかもしれない。

1/3ページ

最終更新:8/15(木) 20:00
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事