ここから本文です

【札幌記念】ブラストワンピース鋭伸!川田は好感触 結果次第で凱旋門賞に挑戦へ

8/15(木) 6:00配信

デイリースポーツ

 「札幌記念・G2」(18日、札幌)

 ブラストワンピースは川田を背に14日、函館芝で併せ馬を敢行。5Fでロジシルキー(3歳2勝クラス)を0秒9追走。直線は内に入って鋭く末脚を伸ばし、1馬身先着した。

 タイムは5F64秒9-36秒1-11秒8。実戦では初コンビとなる鞍上は、2週前に続いて2度目の追い切り騎乗。「2週前も悪くはなかったけど、今回の方が競馬に向けて整った印象。順調に歩みを進めていて、何よりです」と感触を伝えた。

 大竹師も満足そう。「先週の重さは感じなかったね。時計もまとまってきているし、抜け出した後も伸びていた。体重もかなりフィットした感じ。前走と同じかマイナスか」。凱旋門賞挑戦へ「結果次第で」という試金石の一戦。とはいえ、グランプリホースとして、もう恥ずかしい姿は見せられない。もちろん、勝ちに行く。

最終更新:8/15(木) 7:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事