ここから本文です

米津玄師が書いた“パプリカ”が世代を問わず愛される4つの理由

8/15(木) 19:00配信

rockinon.com

国民的ナンバーのひとつとなった“パプリカ”。米津玄師が「<NHK>2020応援ソングプロジェクト」として2018年7月に書き下ろし、オーディションにて選ばれた小学生5人組ユニットFoorinが歌唱を、辻本知彦、菅原小春がダンスの振付を担当した曲だ。MVのYouTube視聴回数は1億回を突破し、2019年8月からは、キーやアレンジを微妙に変えた米津玄師によるセルフカバーがNHK『みんなのうた』で放送され、MVも公開されている。今回は同曲が多くの人から愛される理由を改めて分析してみたい。


まずは何と言っても美しいメロディだ。いわゆる「応援ソング」とか、「小学生が歌う」といった条件に寄せて歌いやすく……なんて作り方はされておらず、あくまで米津玄師らしさがスパークしている。同時に、だからこそ日本人の琴線を更新するような旋律になっているのだ。詳しく説明すると、ヨナ抜き音階という言葉をご存知だろうか。ドレミファソラシから4つ目の音(ヨ)と7つ目の音(ナ)を抜いた5つの音列で、民謡や童謡などによく使われる。

“パプリカ”では、Aメロ冒頭とサビ後半、1コーラスの始めと終わりに採用されていて、つまりこの音階が下地となっている。ただ歌謡曲、そしてJ-POPと発展してきた国内ポップスにおいて、よりセンチメンタルな感情の動きを表現するため、ヨナの2音をプラスした7音音階(普通のドレミファソラシ)を使うケースは珍しくない。本曲でもAメロ後半~サビ前半のグッとくるところで多用されていて、要するにこの段階までは既存のポピュラーミュージックと遜色ない。しかし、本曲が特別なのは、さらにもうひとつ、増5度(と付随する増4度)という音程が足されている点だ。1番Bメロ《会いたい》の《た》や、同じく《晴れるかな》の《れるか》などがそれ。聴き返してみると、ものすごくキュンとするでしょう? 普通は気持ち悪く響いてしまうこの音を、コード進行に隠し味を加えることで綺麗に存在させている。この切なさの作り方がなんとも華麗で、まさに、新たな音楽の魔法をかけるかのようなのだ。あと、続くサビにも大きな仕掛けが施されている。転調しているのだ。そのおかげで、哀愁あふれるBメロとのギャップもあいまって、サビに入った瞬間、パンっとハジけるような明るさが広がる。そのインパクトが、リスナーの胸に深く染み渡るのである。

次に歌詞。注目すべきは、壮大な応援ソングというより、まるでこどもの日記のような形式で綴られていることだ。それがFoorinの声で響き渡るとき、言葉に表情が宿り、等身大のまばゆい願いとして聴こえてくる。それはおとなにとっても、自分の原体験を連想したり、投影したりすることができて、「そういやあの頃はこんな気持ちだったなあ、よし、じゃあ今は」と前を向かせてくれるものとして機能する。そして、そんな効果をブーストする鍵となるのが、日本の風土が描かれているということなのだ。《青葉の森》、《日差しの街》、《花》、《晴れた空》……こうした言葉を耳にすると、自然と自分が見てきた情景が目に浮かんでくる。例えば「もののあはれ」と呼ばれるような情緒、そこを刺激するからこそ、日本人ならじんとせずにはいられない歌詞となっているわけだ。

また、やはり《パプリカ》という単語についても考えておきたい。タイトルであり、サビの冒頭で歌われるこの言葉は、まず色鮮やかな視覚的イメージが鮮烈だ。そして4文字のうち、3文字がパ行とカ行、いわゆる無声破裂音になっている。先ほど「サビに入った瞬間、パンっとハジける」と記したが、まさにそういう語感なのだ。しかも《リ》のメロディはコブシが効いていて(ブルーノートというエモい音が入っている)、前述のとおり転調もしている……何重にも積み重なった要素がとんでもない衝撃となって伝わってくる。だから歌いたくなるし、歌えたら気持ちよくなる。こうして“パプリカ”という楽曲は、聴き手ひとりひとりの「自分の歌」として羽ばたいていったのである。

最後に、サウンドプロダクションにも触れておきたい。特にセルフカバーのほうは、世界中のポピュラーミュージックを見渡したうえでの音色、アレンジになっているとともに、和楽器のテイストもほんのりと香っている。メロディと歌詞にも通底する、この国ならではの文化。日本的なものを慈しみ、リスペクトする精神。それこそが幅広く愛聴される一因というわけだ。ただし、さまざまなオーディエンスの心を動かした事実だけでなく、国内音楽の歩みをある種先導しているという点こそ、賞賛されるべきであると僕は思う。(秋摩竜太郎)

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:8/15(木) 19:00
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事