ここから本文です

【次走】コパノキッキングは米G1見送り 藤田菜七子騎手で東京盃へ

8/15(木) 12:26配信

netkeiba.com

 12日のクラスターCで3着のコパノキッキング(セ4、栗東・村山明厩舎)は、視野に入れていた米G1ブリーダーズCスプリントの出走を見送り、引き続き藤田菜七子騎手で、10月2日に行われる東京盃(JpnII・大井ダ1200m)へ向かうことがわかった。

【写真】コパノキッキングこれまでの軌跡

 コパノキッキングは父Spring At Last、母Celadon、その父ゴールドヘイローという血統。フレグモーネ明けで約4ヶ月ぶりの実戦となったクラスターCでは、これまでとは違う積極策を取るも3着となった。

最終更新:8/15(木) 12:26
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事