ここから本文です

<黒木啓司>40歳を目前に…“新たに描く未来像” パフォーマー、役者、九州プロジェクトへの思い

8/15(木) 19:40配信

まんたんウェブ

 ***

 「ヒット曲にめぐりあえるのか、めぐりあえないのか。こういう作品に出て、爆発できるのか、できないのか。それは、タイミングも大きく関係していると思っていて、持っている人じゃないと(訪れない)」と話す黒木さん。自身の“転機”について聞くと、「まだ“転機”は訪れていない。40歳かもしれないし、45歳かもしれないし、ないかもしれない」と話す。

 「人と人」を大切にしているという黒木さんは、「いつか『LDH九州』を作りたい」と明かす。「EXILE THE SECONDとしてヒット曲を生み出したいですし、何かムーブメントを起こせたときや、THE NINE WORLDSのプロジェクトで、一つのエンタテインメントを作り上げたときに、やっとEXILEやLDHへ貢献ができたとこれまでの活動に納得できるのかもしれません」。

3/3ページ

最終更新:8/15(木) 20:21
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事