ここから本文です

「ウエスタン」165分オリジナル版の予告解禁、タランティーノも愛を表明

8/15(木) 14:00配信

映画ナタリー

「ウエスタン」改め、2時間45分のオリジナル版で封切られる「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」の予告編がYouTubeで解禁された。

【動画】「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」予告編(メディアギャラリー他4件)

本作はルキノ・ヴィスコンティ「山猫」をもとに、西部に嫁いできた元高級娼婦ジルの目を通して、移り変わる時代とともに滅びゆくガンマンたちの姿を描いたマカロニウエスタン。セルジオ・レオーネが監督を務め、ダリオ・アルジェント、ベルナルド・ベルトルッチが共同原案に名を連ねた。

予告は、1969年公開時に使用された2分40秒のアメリカ版予告を再編集したもの。原版にあったナレーション、セリフ、効果音がカットされた代わりに、エンニオ・モリコーネ作曲・指揮によるテーマ曲が使用された。クラウディア・カルディナーレ、ヘンリー・フォンダ、ジェイソン・ロバーズ、チャールズ・ブロンソンの姿も確認できる。

2019年5月に発売されたばかりの書籍「Once upon a Time in the West: Shooting a Masterpiece」に序文を寄せていたクエンティン・タランティーノは、その中で「セルジオ・レオーネこそイタリア映画界でもっとも偉大な映画監督であり、フィルムスタイリストでありストーリーテラーである」とコメント。また「この映画を見て映画監督になろうと思った」と愛を表明している。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」は、9月27日より東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー。



(c)1968 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:8/15(木) 14:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事