ここから本文です

吉本芸人騒動の裏で活動再開の高畑裕太 復帰舞台のチケット売れずチラシ配り

8/15(木) 17:04配信

東スポWeb

 高畑淳子(64)の長男で俳優の高畑裕太(25)が、16日から東京・下北沢で上演される舞台「さよなら西湖クン」でついに芸能活動を再開する。高畑の気合は相当なもので、自らチラシ配りをするなど営業活動にも精を出しているという。

【写真】釈放時に報道陣をにらみつける高畑裕太

 高畑は2016年8月、映画の撮影で滞在していた群馬県で宿泊先のビジネスホテルの女性従業員に乱暴したとして逮捕されるも、示談が成立し不起訴、釈放された。とはいえ事件の影響は大きく、所属事務所からマネジメント契約を解除され、芸能活動は休止していた。今回の舞台は、旧事務所所属の演出家が手掛ける作品だ。

 活動再開の一報は先月に流れた。くしくも人気吉本芸人たちによる闇営業騒動が、芸能界を駆け巡っていたこともあり、あまり話題にもならず。

 舞台関係者は「恥ずかしながら、チケットがあんまり売れてないんですよ。高畑君も友人や知人のところを回って、舞台のチラシを配り歩いてるんですが…」。出演するからには、満員の観客に演技を見てもらいたいということなのだろう。

 事件前はテレビや映画が活動の中心だったが、今は一劇団員のように地道な活動にも取り組んでいるのだ。

 事件後しばらく入院していたとされる高畑は、インドなどに何度か1人で出掛け“心の洗濯”をしたり、遺品整理のバイトや飲み屋で働いたりしていた。

 17年秋、某温泉で高畑を目撃した男性は「山登りから帰ってきたお兄ちゃんみたいな風貌で、テレビに出てたころとはだいぶ印象が違った。昔と違って、だいぶ落ち着いた感じですね。服装も黒っぽいイメージで、ニット帽をかぶったりして。ヒゲとかも生やしてないし、さわやかでカッコよかったですよ」。

 不起訴とはいえ、イメージが大幅に低下してしまった高畑の復帰舞台は大成功となるだろうか。

最終更新:8/16(金) 19:39
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事