ここから本文です

乃木坂46新キャプテン秋元真夏、ブログで所信表明「明るく支えられる人を目指す」

8/15(木) 11:49配信

オリコン

 アイドルグループ・乃木坂46の2代目キャプテン就任した秋元真夏(25)が15日、自身のブログを更新。改めてファンに報告するとともに所信表明した。

【写真】キュートな笑顔が魅力的!乃木坂46・秋元真夏の撮り下ろしショット

 乃木坂46が14日に開催した京セラドーム大阪公演のアンコールで、9月1日の東京・明治神宮野球場公演をもってグループを卒業する桜井玲香(25)からキャプテンを引き継ぐことが発表された秋元は、自身のブログで改めて「みなさんにご報告を。乃木坂46の次期キャプテンを務めさせていただくことが昨日の京セラドーム大阪でのライブで発表になりました」と報告。「まだ私の中では不安な気持ちが大きく、実感が湧いていません」と胸中を吐露した。

 前夜は一睡もできなかったといい、発表が「怖くて仕方ありませんでした」と振り返ったが「でも発表を終えた今、会場でのみなさんの反応やいろんな方がかけてくださる言葉にホッとする気持ちと温かさをたくさん感じています。本当にありがとうございます」と温かく受け入れてくれたファンに感謝した。

 桜井はCDデビュー直前の2012年2月に暫定キャプテン、同年6月に正式にキャプテンに任命され、7年半、グループをけん引してきた。秋元は「玲香はよく、私何もしてないから~って笑いながら言いますが、私からしたら玲香の乃木坂に対する思いやファンの方やメンバーにかける言葉はあまりにも大きすぎる支えになっています。楽しい時も不安な時も一丸となっていろんなことを乗り越える時もどんな時でも心の底から玲香に助けられてきました。これは私だけじゃなくてメンバーみんなが常に感じていることだと思います」とメンバーの想いを代弁した。

 続けて「私がずーっと大好きな乃木坂は、キャプテン桜井玲香がメンバーと歩んで作ってくれたこの乃木坂です。だからこそ、不安だとか怖いだとかそういう感情よりもしっかりこの乃木坂を守れるように、次の世代の子たちにも安心して活動してもらえるように、明るく支えられる人を目指したいと思います」と所信表明し、「こんなカッコつけたこと言ってますがたぶん頼りなさMAXです。玲香の気持ちを受け継ぎ、キャプテンとしての在り方を早く見つけられるように頑張りたいと思います」とつづった。

 学生時代には生徒会長、部長、文化祭実行委員長をたくさん経験してきたという秋元は「今回でまた一つプラスされました☆まさか学生を終えてから増えると思ってなかったなぁ」と茶目っ気たっぷり。「いつも明るく! なにより、乃木坂を好きでいてくれているファンの皆さんをどんな時も笑顔にできるグループを目指して。どうぞ宜しくお願い致します」と、いつも笑顔な秋元らしく結んだ。

最終更新:8/15(木) 12:04
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事