ここから本文です

女子大生が複数の内定を辞退して「新卒ダンサー」になった理由 

8/15(木) 17:50配信

オリコン

 東京・六本木に、月売上が約1億円に達する景気の良い場所が存在する。その名も「バーレスク東京」。店内には大型LEDが四方八方に設置され、中央には回転するステージ。人気曲とともにセクシーな美女ダンサーたちが華々しいパフォーマンスを繰り広げる “新感覚エンターテイメント空間”だ。今回は大学卒業後にバーレスク東京に入店したという、これまでとは異色の経歴を持つはるさんにインタビュー。なぜ彼女は内定を断ってバーレスク東京に入店したのだろうか?

【写真】愛しそうにクマのぬいぐるみを抱える「はる」

■ずっと憧れたエンタメ業界 大学4年で内定を断り入店へ

――SNSを見たんですけど、はるさんはダンス歴が長いんですよね。「舞台に立ちたい」と思って応募したのでしょうか?

【はる】小さい頃から大学生まで、ずっとダンスをしてきて、自然とエンタメ業界に興味を持ったんです。だからよくディズニーランドでショーを見たり、舞台を観劇したりしていました。はじめて友達とバーレスク東京に遊びに行ったときは、「こんな華やかなところがあるんだ!」って驚きましたね。その後何度も通って、働きたいと考えていたんですが、ショービジネスの経験がなかったので入れずにいて……。でも最終的には、「やっぱりこのステージに立って踊りたい!」という気持ちが勝って、当時何社か内定をいただいていたんですけど、それを断って入店しました。

――新卒で入ったんですね!エンタメ業界で働くのは初めてだったので、苦労したことも多かったのでは?

【はる】最初はフロアに立つと人見知りになっちゃって、周りの女の子がお客さんと話してる横で「どうすればいいんだろう……」ってポツンとしていました。そこは、コミュニケーションが上手い同期について行って、どう話しかければいいか、どう会話を続ければいいかを学びました。入店して2年半が経ち、今では自分からお客さんに話しかけています。

■店で唯一の「エアリアルフープ」ダンサー

――頑張って苦手なことを克服したんですね。はるさんがここまで続けてこれた理由はなんですかね。

【はる】ステージに立って、パフォーマンスを見てもらって、お客さんが笑顔になってくれるのがやりがいになっています。憧れていたエンタメの舞台で、毎日きれいな衣装を着て踊れるのは幸せです。

――お店以外のことも聞かせてください。オフの日は何をしているんですか? 将来の夢も聞いてみたいです。

【はる】休日はディズニーランドに行ってます。ほかにはショーやミュージカルを見に行くことが多いですね。将来は……、バーレスクに立っている姿しか想像できないので、ここで頑張っていきたいです。

――「私のここを見てもらいたい」というポイントはありますか?

【はる】私はダンサーの中で唯一、「エアリアルフープ」をしているんです。空中に輪っかを吊るして、それを使って回転したり、技を見せたり……習い始めて1年半なのでまだまだ上達したいですし、体づくりをして技を増やせたらいいなって。バーレスク東京には大きく分けて2チームがあって、女の子らしく可愛く踊る組と、がっつりダンスを見せる組があるんですね。両方のチームに出演する女の子は少ないんですけど、私は両方に出演しているので、違いを楽しんでほしい。あと、お客様の間で、バーレスク東京は夜の「夢の国」と言われているので(笑)、フロアで女の子と話して、日常を忘れて楽しんでくれたら嬉しいです。

(取材・文/鈴木雅矩 写真/山口真由子)

最終更新:8/17(土) 20:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事