ここから本文です

今こそ知りたい世界一の“おもてなし” 『カーライル ニューヨークが恋したホテル』が公開中

8/15(木) 7:02配信

ぴあ

世界中のセレブたちが愛し、名だたるスターたちが幾多の逸話を残していることから、ニューヨーク・タイムズが“秘密の宮殿”と呼んだ伝説のクラシックホテル“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル”について描いた『カーライル ニューヨークが恋したホテル』が現在公開中。“究極のおもてなしとは何か”が隠された、世界初の5つ星ホテルドキュメンタリーだ。

本作では、ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンをはじめとする総勢38名のスターたちが、カーライルに眠る歴史的な秘話やその魅力を語る。そして、セレブたちにこよなく愛されるホテルスタッフたちから紐解く、今こそ知りたい究極のおもてなしが明らかになる。

1930年創業のニューヨーク・マンハッタンに佇む“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル”は、1泊だけで200万円もするスイートルームがある超高級ホテルだ。その顧客には、英国王室や歴米大統領、映画スター、アスリートにミュージシャンと、極上のセレブたちが名を連ねている。『ハンナとその姉妹』や『セックス・アンド・ザ・シティ』のロケ地としても知られ、2年間カーライルに滞在していたこともあるウディ・アレンは、ホテル内のカフェ・カーライルで今でも週に1度クラリネットを演奏しているほどだ。上等なホテルは数あれど、セレブの誰もがカーライルを選ぶその理由とはなんなのか?

“お客様の秘密は必ず守ります”と、そう答えるのは個性的でユーモラスなホテルのスタッフの人々。先達からの伝統を受け継ぐ彼らは、溢れんばかりの笑顔でゲストを出迎える。それに対してセレブたちは「まるで我が家のよう」と口をそろえるのだ。

名物コンシェルジュのドワイトは、吃音症を抱えながらも36年間カーライルを支えてきた。彼の上品で温かい接客は、宿泊客だけでなくスタッフからも愛されている。彼らのおもてなしの心意気は、時代の中で失われつつある本当の人間の豊かさを教えてくれるはずだ。

監督はマシュー・ミーレー。彼はこれまでに、『ニューヨーク バーグドルフ 魔法のデパート』や『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』といったニューヨークの老舗高級ショップのドキュメンタリーを続けて制作してきた。4年間自らカーライルに通い詰め、超一流セレブたちの数々の素顔を引き出している。撮影はジャスティン・ベアで、音楽はアール・ローズが担当だ。

その他の出演者は、アンジェリカ・ヒューストン、トミー・リー・ジョーンズ、ハリソン・フォード、ジェフ・ゴールドブラム、ヴェラ・ウォン、アンソニー・ボーデイン、ナオミ・キャンベルらなど。彼らの視点と声を通して、5つ星ホテルの魅力に迫ることができる。今こそ知りたい世界一の“おもてなし”を、ぜひ劇場で。

『カーライル ニューヨークが恋したホテル』
公開中

最終更新:8/15(木) 7:02
ぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事