ここから本文です

圧倒的キャリアを誇る勝間和代が「社会人にもなって、努力や成長なんて必要ない」と語るワケ

8/15(木) 12:29配信

新R25

社会人にもなって、「努力」したって変わらない

勝間さん:
でも大事な書類を何度もなくすとかミスが多すぎて、結局コンサルの部署に異動したんです。

そこで、自分はコンサルみたいにアイデアを出す“発散系”の仕事ならできるってわかったんですよ。

思索にふけることを専門用語で「マインドワンダリング」というんですけど、私のように注意力がない人は、思考力が強い場合が多いんですね。

天野:
自分に合った仕事を見つけられたんですね。

勝間さん:
そう。それってすごく大事なことで。

「今の仕事向いてない」なんて悩む人も多いと思うんですけど、自分が仕事に合わせるんじゃなくて、自分に合った仕事を探しにいく動きをしたほうがいいんです。

“弱み”って反対側に必ず“強み”があるから、そこに目を向けたほうがいい。

天野:
「できるようになろう」と努力するよりも、頑張る場所を変えちゃうと。

勝間さん:
社会人にもなって、努力したって変わらないですよ。

3歳児とか5歳児じゃないんですから。

天野:
でも…僕ら会社員は、会社で「自分の苦手なことを克服して成長しろ」って言われるんです。

「成長」は必要ないってことなんでしょうか?

勝間さん:
“成長の概念”の違いですよ。

すごく時間や労力を費やして、不得意なことが人並レベルになったからって、果たしてそれが「成長」なんでしょうか?

自分のなかでは成長だと思ってても、所属してる会社の人や、社会全体から見たら意味ある「成長」とは言えないんじゃないですかね。

天野:
なるほど…

勝間さん:
オリンピックにたとえるとわかりやすいかもしれません。

100mを9秒台や10秒台で走れたらオリンピックに出られますが、14秒で走る普通の人が、頑張ってタイムを13秒に縮めても何も起きない。

私、仲のいい友人に優秀な営業マンが何人かいるんですけど、その人たちと話してて「共通点」に気付いたんです。

なんだと思います?

天野:
なんだろう…優秀な人の共通点ってたくさんありそうですが…

勝間さん:
正解は、「デキる営業マンは、必ずキャリアのはじめから“売れてる”」ってことです。

天野:
あー! そうですね!!!

勝間さん:
みんな「初年度からトップだった」って言いますよね?

下積みを耐えて、4年目5年目になってようやく売れるようになりました!って人、あんまりいないんですよ。

営業という仕事では特に顕著ですが、結局、うまくいくことって努力しなくてもできるんですよ。

2/3ページ

最終更新:8/15(木) 12:29
新R25

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事