ここから本文です

【動画】長引く猛烈な雨・風 総雨量1200ミリ超も 台風“大潮”に直撃 西日本 高潮にも警戒(15日7時更新)

8/15(木) 8:06配信

ウェザーマップ

 大型の台風10号は勢力を維持したまま、昼頃に四国に近づき、上陸するおそれがあります。すでに九州や四国が台風の暴風域に入っていて、台風の外側の雨雲がかかる四国では非常に激しい雨が降っています。今回は台風が大きく、比較的ゆっくりと北上しているため、大雨や暴風が長引く見込みです。
 災害が発生してもおかしくない危険な状況が予想されるため、不要不急の外出は控え、早めの避難が必要です。

 九州から東海では台風の接近とともに、すでに雨風が強まっています。このあと、台風本体が近づくと猛烈な雨や風になり、大荒れとなるでしょう。
 台風が比較的ゆっくりと北上するため、西日本と東海では大雨や暴風が長引く見込みです。同じような場所で大雨が降り続き、四国や紀伊半島では総雨量が1200ミリを超えるおそれがあります。
 普段雨の少ない瀬戸内地方でも大雨が予想されるため、早めの避難などの対策が必要です。
 台風からの湿った空気が流れ込む関東でも局地的に非常に激しい雨が降り、山沿い中心に大雨になるでしょう。
 あすからあさってにかけて、台風は低気圧に変わりながら北日本に近づくため、北日本でも大雨や暴風への備えが必要です。

あす朝6時までの24時間に予想される雨量(多い所)
   四国地方           800ミリ
   東海地方、近畿地方      500ミリ
   関東甲信地方、九州北部地方  300ミリ 
   北陸地方、中国地方      250ミリ
   九州南部地方         150ミリ

あさって朝6時までの24時間に予想される雨量(多い所)
   北海道地方     200から300ミリ
   東北地方、北陸地方 100から200ミリ
   東海地方      100から150ミリ  
   関東甲信地方     50から100ミリ

 暴風や高波にも厳重な警戒が必要です。
 あすにかけて四国では最大瞬間風速45メートル、波の高さは10メートルと予想されています。
 堤防を越えて大きな波が押し寄せ、浸水するおそれもあります。海岸付近には近づかないでください。
 また、今は大潮で潮位が高い中、西日本では台風接近と満潮時刻が重なります。高潮にも厳重に警戒して下さい。

 台風10号は危険な暑さももたらしています。フェーン現象で北陸では早朝から30℃を超えている所があり、最高気温は新潟で38℃、上越市高田で39℃が予想されています。大雨や暴風に加えて災害級の暑さにも警戒が必要です。

(気象予報士・尾崎朋美)

最終更新:8/15(木) 10:16
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事