ここから本文です

あなたは家庭の「経営者」貯金体質になる為に「家庭の財務諸表」を作成するメリット

8/15(木) 18:11配信

ファイナンシャルフィールド

企業会計には、損益計算書・貸借対照表(総称して財務諸表)というものがあります。前者はその年度の経営成績、後者はその年度末の財政状況を表します。それをベースに経営者は今後の経営方針を決定します。株主はその企業にさらに投資をするか、引き揚げるかを決めます。

皆さんは自分自身および自分の家庭の株主兼経営者です。今後、自分の家庭の経営をどうすべきか、どこに進むべきかを常に考える必要があります。皆さんも自分自身の財務諸表を作って今後の「経営方針」を考えてみませんか?

家庭の財務諸表とは何か?

皆さんの中で家計簿をつけている方はおられると思います。また、FPに頼んで、または、自分自身で、ライフプランを作成した方もいらっしゃると思います。

それでも、かなり家計の状況を知ることはできます。特にライフプラン・キャッシュフロー表を作れば、将来の見通しだけでなく、各年度の損益の状況や貯蓄の状況もかなり分かるようになります。

それでは、それらに加えて、家庭の財務諸表を作る意味はどこにあるでしょうか?次の点が挙げられます。

(1)その年度で自らが立っている場所がよく分かり、どんな手を打ったら、どうなるかが、より予測しやすくなる。

(2)ライフプランは、長期にわたり自分の人生を俯瞰するのに役立つが、予測が多く、必ずしも正確ではない。それに対し、その年度の財務諸表を作成すれば、その時点における自らの家計の状況・資産の状態がはっきり分かり、家計を見える化するだけでなく、確実な情報を基に今後の進む方向を判断することができる。

具体的にはどんな資料を作るのか?

まず、モデルケースを設定して財務諸表を作成してみましょう。

モデルケース
Aさん一家:
夫 45歳 給与所得者、妻 40歳 専業主婦、子ども 15歳、12歳 4人家族

最近住宅を購入したばかりという家庭の財務諸表を作成してみます。

損益計算書の効用

ライフプラン・キャッシュフロー表でも、ある年度の出費の内訳を見ることはできます。

損益計算書では、それ以上に出費を細かく分け、税金・社会保険料、固定費、変動費等、出費をその性格に基づき分類し、各分類のバランスや家計の問題がどこにあるのかを分析することができます。

具体的に言うと、今は年収600万円で毎年約75万円の貯金ができている。子どもは現在中学1年、高校1年で、そろそろ進学の準備にかかるため塾代、大学の入学金等出費が増えることが予想される。

子どもの成長に伴い、現在かかっている年間62万4000円の食費および24万円の衣料費が増加することも考えなくてはならない。それらの上昇分を賄えるだけの給与の上昇が見込めるだろうか?

ライフプラン・キャッシュフロー表では、単年度のキャッシュフローが1行で表されるだけなので、そのような細かい分析はできません。

1/2ページ

最終更新:8/15(木) 18:11
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事