ここから本文です

台風10号 香川の状況(午前11時現在)東かがわで観測史上最大風速を観測

8/15(木) 11:38配信

KSB瀬戸内海放送

 大型の台風10号は、香川県に15日昼すぎから夕方にかけて最接近する見込みです。

【警報・避難情報など】

 香川県では、15日午前7時7分に全域に暴風警報、沿岸の自治体に波浪警報が発令されています。東かがわ市引田では、午前6時31分に観測史上最大となる32.8メートルの最大瞬間風速を記録しました。

 東かがわ市とまんのう町、琴平町の全域に「避難準備・高齢者等避難開始」が発令されています。これは大雨の警戒レベル3にあたります。

【交通機関の影響】

 公共交通機関にも影響が出ています。

■鉄道

 JR四国は四国内の在来線と瀬戸大橋線の運転を始発から終日見合わせています。
 ことでんも、全線で始発から終日運転を見合わせています。

■空の便

 高松空港を発着する空の便は、全日空が羽田行きの午前7時35分の便のみ出発しましたが、午後5時40分までの便は欠航が決まっています。那覇便は欠航しました。

 日本航空の羽田便は15日朝から欠航していますが、午後5時35分発の便を午後6時5分発に変更し、運航を調整中です。

■高速道路

 瀬戸中央道の坂出と児島インターチェンジ間が午前3時半から通行止めになっています。

最終更新:8/15(木) 12:07
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事