ここから本文です

錦織圭、勝者の西岡良仁を称賛「いいテニスしていた」<W&Sオープン>

8/15(木) 3:08配信

tennis365.net

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第6シードの錦織圭は世界ランク77位の西岡良仁に6-7 (2-7), 4-6のストレートで敗れ、前週のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)に続き2週連続の初戦敗退となった。

【西岡らW&Sオープン対戦表】

上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦だった錦織は第1セットをタイブレークの末に落とすと、第2セットは第8ゲームから3ゲームを連取されて1時間39分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには錦織のコメントが掲載されており「僕にとって厳しい試合だった」と振り返った。

続けて「彼(西岡)は、いいテニスをしていたと思う。彼が強くなり、成長するのを見るのはいいこと」と西岡を称賛した。

一方、勝利した西岡は3回戦で世界ランク38位のA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは2回戦で同42位のR・オペルカ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

最終更新:8/15(木) 11:51
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事