ここから本文です

プロ歴約26年・行方尚史八段 対 新鋭・本田奎四段 現在対局中/将棋・棋王戦挑戦者決定T

8/15(木) 10:32配信

AbemaTIMES

 将棋の棋王戦挑戦者決定トーナメントが8月15日に行われ、行方尚史八段(45)と本田奎四段(22)が対局中だ。

 棋王戦は全棋士、女流名人、アマチュア名人が参加するタイトル戦で、予選通過者とシード者により挑戦者決定トーナメントを実施。ベスト4以上は「2敗失格制」で、敗者復活戦がある。挑戦者決定戦は変則の二番勝負で、勝者組の優勝者は2局のうち1つでも勝てば挑戦権を獲得。敗者復活優勝者は2連勝が必要となる。

 行方八段は1993年10月に四段昇段。棋戦優勝2回のほか、昨年1月には通算600勝達成で将棋栄誉賞を受賞している。竜王戦3組(1組:7期)順位戦B級1組(A級:6期)で、今年度の成績は4勝4敗。本田四段は2018年10月に四段昇段。竜王戦6組、順位戦C級2組で、実質的なデビュー年度にあたる今年度は14勝4敗と好成績を収めている。

 本局の持ち時間は各4時間。振り駒の結果、先手は行方九段。

最終更新:8/15(木) 10:32
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事