ここから本文です

【脱・衝動買い】レジ直行はやめてまず一呼吸 買い物好きのための簡単節約術

8/15(木) 14:01配信

マネーの達人

「節約しなくては」と分かっていても、やはり買い物をするワクワク感は楽しみたいもの。

節約と買い物は相反するものですが、買い物をする時にちょっとしたコツを習慣化していれば、買い物を楽しみながら節約をすることができます。

今回は、お得に楽しく買い物をするために意識すべきことを改めて確認してみましょう。

衝動買いは節約の大敵! 手に取ったらまず一呼吸

ショッピングは不思議なもので、特に買う予定もなくふらりとお店に立ち寄った時にかぎって、「ほしい!」と思う一品に出会うことがあります。

筆者も経験があるのですが、手に取って、気が付いたら買っていた、という経験をしたことはないでしょうか?

ショッピングモールや百貨店での買い物に限らず、コンビニ、100円ショップや300円ショップなど身近なお店でもついやってしまう衝動買いは、ひとつの単価は安くてもチリツモでそれなりの出費になります。

家計の予算内であったとしても、衝動買いは予定外の出費の原因になるので「節約の大敵」です。

商品を手に取ったら、まず一呼吸おく余裕を持つことを意識するだけで、衝動買いによる出費をかなり減らすことができます。

「一晩考えます」は魔法の言葉

もし一呼吸おいても「ほしい」と思った時は、商品を置いて一旦その場を離れる、もしくは落ち着いて「本当にほしいのか」をじっくり考えてみましょう。

買い物が大好きな筆者の場合、衝動買いをしそうになった時は、お店の人に「一晩考えます」と伝えて取り置きをお願いすることがあります。

お店によっては数日間であれば取り置きをしてくれるため、自宅でじっくり検討するようにしています。

自宅で「本当に必要なものなのか」を一晩考えると、「本当に買うべきものなのか」、「今買える範囲のものなのか」、そして「本当に必要なのか」を客観的に判断することができます。

結果的に、衝動買いをする回数が確実に減って、想像以上の節約効果が期待できます。

「一晩考えます」は、衝動買いをセーブする魔法の言葉なのです。

1/2ページ

最終更新:8/15(木) 14:01
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事