ここから本文です

車で暴走し14台に次々と衝突 逮捕された男、最初の事故から逃げようとしていたか 岡山市

8/15(木) 15:53配信

KSB瀬戸内海放送

 13日、岡山市北区の県道で暴走した車が14台の車に衝突した事故で、現行犯逮捕された男が15日朝、送検されました。警察は、男が最初の事故から逃げようとして暴走したとみていて、事故の経緯などを調べています。

 過失運転致傷とひき逃げの疑いで送検されたのは、岡山市の自称建設業、人見洋右(43)容疑者です。

 警察によりますと人見容疑者は13日午前9時半ごろ、岡山市北区学南町の県道で車を運転し、渋滞で止まっていた車に衝突した後逃げようとして13台に次々とぶつかりながら約360メートル暴走したということです。

 この事故で40代の女性など7人がけがをしました。

 人見容疑者は、「事故を起こして逃げたことに間違いありません」と容疑を認めています。

 警察は人見容疑者がなぜ事故を起こしたのかなど、全容解明に向けて調べています。

最終更新:8/15(木) 19:05
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事