ここから本文です

重苦しい雰囲気を変えた丸山の一振り 鶴岡東の戦いぶりを徹底分析

8/15(木) 13:03配信

高校野球ドットコム

 前評判では「習志野有利」の声が圧倒的に多かった。鶴岡東は1回戦で伝統校の高松商を6対4の接戦で下しているといっても、習志野はセンバツの準優勝校で、初戦で強豪の沖縄尚学を延長10回の末、5対4の接戦で下し、終盤のリリーフにはプロが注目する飯塚脩人(3年)が備えている。あらゆる面から見て習志野が勝つ要素が多いというのは否定しようのない事実である。しかし、高校野球に「絶対」の二文字は存在しない。

【写真】選抜よりも明らかにレベルアップした飯塚 脩人

 1回の攻防を見て興味深かったのは習志野のセカンド、小澤 拓海(2年)の守備位置である。1回表に右打者の打球を処理する姿を見てあれっ?と思った。普通より二塁ベースに近いのである。左打者が立つとそれとは逆に大きく一塁側に寄る。メジャーリーグで常識となっている、打者によって極端に右や左に守備位置を変える「守備シフト」が高校野球にも影響を与え始めているのかと思った。

 試合が大きく動いたのは2回表である。1死から5番・丸山 蓮(3年)が四球で歩くと、6番・森 弦起(3年)、7番・山路将太朗(2年)が連続安打を放って先制点を挙げる。2死になっても攻撃は終わらない。一、二塁の場面で9番・影山 雄貴(3年)がライトに二塁打を放って2人を迎え入れ、1番・河野 宏貴(3年)、2番・竹花 裕人(3年)、3番・山下 陽生(3年)が3連打して2点を加え、序盤にして5対0と大差をつけるのである。

 試合後、敗れて一塁側アルプススタンドから帰る習志野応援団と歩みを共にすると、「2回に5点も入れられてら勝てないよ」という声が聞えた。
 それでも習志野は鶴岡東を追い上げた。4回裏に先頭の3番・根本 翔吾(3年)が死球で歩き、5番・高橋 雅也(2年)の二塁打、7番・兼子 将太朗(3年)のライト前ヒットで2点を挙げ、追い上げ体勢を作った。7回には1死から山内 翔太の二塁打から死球、内野安打で1死満塁とし、2番小澤のセンターフライで1点を挙げ、2点差に迫った。

 前評判の高い、センバツ準V校が追い上げてくるのとは対照的に、鶴岡東は3回以降、0行進を続ける。そういう重苦しい空気を変えたのが8回の攻撃である。初戦の高松商戦で4打数2安打2打点を挙げ、勝利に貢献した先頭打者の5番・丸山が3球目を振り抜くと、打球は逆風を突いてレフトスタンドに吸い込まれる。さらに2死後、8番・寳田健太(3年)、9番影山がヒットで出塁し、1番河野がレフト方向に二塁打を放ち3点を挙げ、多くの鶴岡東ファンは「これで勝った」と思っただろう。

 しかし、習志野は8回裏に4番・櫻井 亨佑(2年)が内野安打で出塁し、勝利の執念を捨てない。1死後、習志野は2番手に池田 康平をマウンドに送るが、6番和田 泰征(2年)、7番兼子が連続安打を放って8対5とし、勝負の行方は見えなくなった。

 習志野の執念を打ち砕いたのはまたもや丸山のバットである。9回表、2死走者なしの場面で打席に立った丸山は1ボールからの2球目を打つと、打球は今度は風に乗ってライトポールに近い前列に飛び込む2打席連続ホームランとなるのである。
 習志野の守備シフトも面白かったし、鶴岡東の丸山を始めとする各打者の積極的バッティングも見事だった。これで東北勢はベスト16に3校が勝ち残り、悲願の「甲子園初優勝」が射程内に入ってきた。

最終更新:8/15(木) 13:03
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 21:45

あなたにおすすめの記事