ここから本文です

元バルサのシルビーニョ、同胞ネイマールを擁護「3本の指に入る...」

8/15(木) 19:19配信

SPORT.es

ネイマールの一件は、ここ数日間行われているパリ・サンジェルマン(PSG)とFCバルセロナ間による難しいオペレーションが発覚し、終わりに近づいている。

ネイマールのバルサ入りを近づける?!PSGの動きは止まらない

夏は長く、多くの選択肢が存在する。噂、ニュース、交渉、そしてネイマールに関する発言など、同選手の将来に関する展望は注目を集めている。

そして最近、同ブラジル人FWに関して言及したのは、元FCバルセロナの選手であり、現在はオリンピック・リヨンの指揮官を務めるシルビーニョである。ネイマールとはかつてブラジル代表で共にプレーした過去を持つ。

シルビーニョはオリンピック・リヨン対アンジェの試合を控えた記者会見の場で「彼のことはよく知っている。私にとってこの状況に関してコメントするのは難しい」とコメントしている。

同監督はネイマールとの関係性について「彼とは2年半の間、代表チームで共にプレーした。全てうまくいっていたよ。我々の関係はとても良いものだ」と説明している。

また、「私は彼をとても尊敬している。退団を望む選手を留めることは常に難しいことだ。彼は世界で3本の指に入る選手であり、素晴らしいポテンシャルを持っているが、私には何が起きるかわからない」と語っている。

最後に、練習の欠席やコンサートのためにポルトガルを訪問していたこと、そしてビーチに行っていたことなど、プロ意識の欠如から非難を浴びているブラジル代表の'10番'について、「みんながプレーを見たくなるような才能を持った選手である」と言及し、ネイマールを擁護している。

最終更新:8/15(木) 19:19
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事