ここから本文です

ミラン、イスコorハメス獲得か...ネイマールが大きく影響...

8/15(木) 20:34配信

SPORT.es

ネイマールのバルサ移籍のオペレーションは直接的に関連しているクラブやサポーターだけでなく、多くのチームに影響が及ぼされる。

ネイマールのバルサ入りを近づける?!PSGの動きは止まらない

そのうちの一つがACミランである。
『Gazetta dello Sport』によると、彼らは新たに移籍市場に参戦するためにネイマールがFCバルセロナ、あるいはレアル・マドリーに加入することに注意を払っているようだ。
その狙いは次のようになっている。

仮にネイマールが移籍した場合、パリ・サンジェルマン(PSG)はその得た移籍金でACミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマ獲得を狙うことになる。ドイツ人GKケヴィン・トラップがアイントラハト・フランクフルトへ移籍し、もう一人のフランス人GKアルフォンス・アレオラに満足していないためだ。

もしPSGがドンナルンマを獲得した場合、ミランは中盤の選手を獲得する資金を自動的に手にすることになる。
彼らの狙いは中盤の人数がオーバーしているレアル・マドリーだ。

ミランはルカ・モドリッチに関心を示しているが、マドリーは移籍不可であることを表明している。
別の選択肢は、ジダンの構想外となっており、既に移籍先に向けて出発するために荷物をまとめているハメス・ロドリゲスだ。

その他の選択肢はイスコだが、同選手の価格は7,000万ユーロ(約82億円)と言われており、ミランのお財布事情では高額すぎるため、このオペレーションは難しいことが予想されている。
しかしながら、ACミランはイスコの契約解除金を支払うチームがどこにも現れず、定員オーバーとなっているメンバーを減らすために、マドリーが同MFの値下げに応じる可能性を残している。

(文:sport)

最終更新:8/15(木) 20:34
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事