ここから本文です

「電凸」で炎上アーティストのライブ公演を中止に追い込む…”ネット自警団”の正義感とモチベーション

8/15(木) 14:50配信

AbemaTIMES

 近年、“炎上“した個人や企業とは無関係の第三者であるネットユーザー、いわゆる“ネット自警団“による活動が目立つようになっている。中には当事者の関係先にクレームの電話をかける「電凸」も行う者もおり、先日も新曲プロモーションのために架空のセクハラ・パワハラ騒動を拡散するという“炎上商法“を用いて激しい非難を浴びた人気DJ集団「レペゼン地球」のライブ会場に「電凸」を行い、その模様を動画サイトにアップする者が出現した。

【映像】石原氏を交えた議論の模様

 こうした動きに対し、レペゼン地球は謝罪に追い込まれ、9月に予定されていたドーム公演も中止の憂き目に遭った。昨年から“ネット自警団“としての活動を始め、この問題で会場に電凸を行った石原氏(仮名)は顔を映さないという条件で、AbemaTV『AbemaPrime』の取材に対し、「シンプルに傷つく人がいた時点で、その人がちゃんと罪を償うべきだという正義感だ」と話す。
 
 「YouTuberさんが炎上した時に、“こういった考えはどうなんだろう“ということで2ちゃんねるに書き込んだり、動画を上げたりしたことはあった。ただ、電話という手段で本格的なクレームを入れたのは今回が初めてだった。常識的に考えて、レペゼン地球のしたことは悪いことだったと思うし、公演が中止になったのも妥当だと思う。たしかにライブを楽しみにしていた人は悲しいだろうが、レペゼン地球の行為に傷ついた人も少なからずいるし、僕も嫌な感じになった。その声をシンプルにあげたと考えている。僕らの行為は警察に代わって何かをやるということではなく、悪いと思ったことに対して苦情の電話をただ入れるというだけ。法律的にも悪いことをしてるとは考えていない」。

 タレントのパックンは「石原さんがこうしてカメラの前に出てきたのは勇気のある行為だと思う」とした上で、「日本社会は電話の抗議に弱いと実感している。テレビに出演させていただく身としては、抗議電話が来ないように日々心がけなければいけないというプレッシャーもあるが、数回の抗議だけで放送内容が変わるということは不思議だ。こういうことでコンサートやイベントが中止になってしまうのも非常に危険だと感じているし、非民主主義手段で表現の自由を害していると思う」と指摘する。

これに対し、石原氏は「底辺のYouTuberが動画で意見を言うだけでは大した効果はない。昔からスポンサーに電凸するという手法もあるし、外部の関係者に言われた方がダメージは大きい。そもそもレペゼン地球本人に向けてやっても流されるだけで効果はなかったと思う。しっかりと反省してもらうために、電凸という手段を選んだ」と回答。

1/3ページ

最終更新:8/15(木) 14:50
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事