ここから本文です

ポイントで投資信託を始める! お得なクレジットカードは?

8/15(木) 17:00配信

BCN

 投資信託による資産運用を検討している人の中で、支払方法や購入方法に悩んでいるケースがあるのではないか。クレジットカードなら、ポイントが貯まったり現金を必要としない運用ができたり、口座引き落としや入金にないメリットがある。しかし、全てのクレジットカードが投資信託に活用できるわけではない。そこで、投資信託と相性の良いクレジットカードの中で、三つを紹介したい。

●投資信託でポイントが貯まる「楽天カード」
  「1ポイント=1円」と、貯まったポイントで投資信託を購入できる「楽天カード」。「楽天証券」と紐づけると、決済金額の1.0%がポイントとして還元されるというメリットもある。
 

 例えば、3万円の銘柄を楽天カードで決済すると、「3万円×1.0%=300ポイント」貯まる。300ポイントは、ネットショップ「楽天市場」などで利用できるほか、投資信託の積立資金に充てることもできる。投資信託を購入し、貯まったポイントでさらに投資信託を購入というサイクルを回せるのだ。還元金額が高いので、本格的な資産運用を検討している人にいいかもしれない。
●「セゾンカード」で投資信託を体験
 カードを所持している限り消失することがない「永久不滅ポイント」がある「セゾンカード」。投資信託も永久不滅ポイントを利用する仕組みになっており、選択したコースに応じてバンガード投資顧問会社の運用実績によって増減する。
 

 選択できるコースは、東証株価指数に連動した「日本株(TOPIX)コース」、米国市場の主要500銘柄の株式指数に連動した「アメリカ株(VOO)コース」、外国株式・外国株式が中心で高いリターンを目指す「アクティブコース」、国内債券を中心とした安定型の「バランスコース」。

 ユーザーは、セゾンカードの利用で貯まった永久不滅ポイントを元手に、この四つのコースから好きなものを選択するだけ。あとは、バンガード投資顧問会社の運用実績と連動するので、投資知識がなくても問題なく運用できる。ただ、厳密には「投資」というカテゴリーに入らないので、「投資信託による資産運用を手軽に体験したい」という声に応えるものだ。
●「Tカード プラス」ならTポイントで投資信託を購入可能
 「Tカード プラス」は、Tポイントを利用して株式を購入することができ、1株500円以下で東証1部銘柄が手に入る。主要な銘柄として、「みずほフィナンシャルグループ」「ヤフー」「野村ホールディングス」「りそなホールディングス」「住友化学」「アコム」「双日」などだ。

 また、SBIネオモバイル証券と連携したサービスは月額利用料が必要であるものの、毎月200ポイントもらえて、実質、ほぼ無料で運用が可能となる。例えば、1カ月の約定代金合計額が50万円以下の場合、月額サービス利用料が200円(税別)だが、200ポイントもらうことができる。

 Tカード プラスのクレジット機能で買い物をすることに加えて、ファミリーマートなどでTポイントを貯めているという人には、手軽に投資ができるといえるだろう。
●普段でも便利なクレジットカード
 楽天カード、セゾンカード、Tカード プラスともに、ためたポイントを他の商品を購入する際に使えるのはもちろんのこと。普段の買い物など、投資信託以外でも活躍して便利だ。(フリーライター・平本良太)
 

最終更新:8/15(木) 17:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事