ここから本文です

ミニバン人気はまだまだ健在! 2019年上半期ミニバン販売台数トップ5

8/15(木) 16:10配信

くるまのニュース

2019年も人気のミニバントップに輝いたのは……

 クルマを買おうと思っている人はもちろん、クルマ好きであれば、いま何が売れているのか気になるところではないでしょうか。

いまイチバン売れているミニバンを画像でチェック(20枚)

 とくに日本でコンパクトカーに次いで売れているミニバンの販売台数はどうなっているでしょう。

 そこで、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ5を紹介します。

●第1位 日産「セレナ」5万3662台(前年比95.7%)

 2019年上半期のミニバン登録台数No.1は日産「セレナ」でした。室内空間の広さや、多彩なシートアレンジができるのは、どのミニバンでも同じですが、セレナにはエンジンで発電してモーターだけで走る「e-POWER」というグレードを用意しているのが、ほかのミニバンとちがうところです。

 アクセルペダルだけで加減速できる「e-POWER Drive」や、高速道路の渋滞走行と長時間の巡航走行で、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作をサポートする「プロパイロット」も魅力です。

 日産独自の先進技術「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY(日産・インテリジェント・モビリティ)」の搭載を大々的にアピールするなど、セレナは安全かつ快適なドライブを可能としています。

 販売台数の増加に伴い、実際にセレナは街で頻繁に見かけるほどに人気車となっています。

 また、2019年8月にマイナーチェンジし、インパクトのあるフロントマスクに変更されました。

 燃費は「e-POWER G」グレードでJC08モード26.2km/L、e-POWERではなくマイルドハイブリッドもラインナップされており、「G」グレードでJC08モード16.6km/Lです。

 価格はe-POWERの上位グレードである「e-POWER ハイウェイスターV」が343万5480円(消費税込、以下同様)ですが、ベーシックグレードの「e-POWER X」であれば294万3000円となっています。

 マイルドハイブリッド車は252万9360円からです。

1/3ページ

最終更新:8/15(木) 20:17
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事