ここから本文です

金満は強豪クラブだけにあらず…プレミア“トップ6以外”の移籍金ランキング

8/15(木) 18:16配信

SOCCER KING

 8日に夏の移籍市場が閉幕したプレミアリーグ。今年も様々な大型移籍が生まれ、マンチェスター・Cがスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスを、トッテナムがフランス代表MFタンギ・エンドンベレを、クラブ史上最高額となる移籍金で獲得した。

 さらに、近年はいわゆる“トップ6”には属さないチームも、潤沢な資金をもとに各国の有力選手を手に入れ、より上位を狙うための強力な陣容を整えている。そこで今回は、移籍情報サイト『Transfermarkt』のデータをもとに、“トップ6以外”のチームが獲得した新戦力の中から、高額の移籍金が発生した選手上位10名を紹介する。
※日本円は、8月15日時点のレートで換算。
※昨シーズンすでにレンタル移籍で加入し、今夏に完全移籍が決まった選手はランキング対象外とする(例:レスターMFユーリ・ティーレマンス)

■10位 ニール・モペイ

生年月日:1996年8月14日(23歳)
国籍:フランス
ポジション:FW
移籍先:ブレントフォード(イングランド2部)→ブライトン(イングランド)
移籍金:1971万ポンド(約25億円)

昨シーズン、イングランド2部で得点ランキング2位タイとなる25得点を挙げ、ファンが選ぶ年間最優秀選手賞と、選手が選ぶ年間最優秀選手賞を“ダブル受賞”。クラブレコードの移籍金でブライトンへのステップアップを果たした。プレミアリーグデビューとなった10日のワトフォード戦で早速ゴールを決めて、好スタートを切っている。

■8位 ウェズレイ

生年月日:1996年11月26日(22歳)
国籍:ブラジル
ポジション:FW
移籍先:クラブ・ブルージュ(ベルギー)→アストン・ヴィラ(イングランド)
移籍金:2250万ポンド(約29億円)

2017-18シーズンのベルギーリーグ年間最優秀若手選手賞に輝いた長身FW。クラブ・ブルージュ在籍3年半で公式戦130試合に出場して38ゴールという成績を残し、アストン・ヴィラ史上最高額となる2250万ポンド(約29億円)で英国初上陸を果たした。

1/3ページ

最終更新:8/16(金) 14:16
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事