ここから本文です

【リーガ初挑戦の選手たち④】ポゼッションにこだわる“サッカーオタク”…フレンキー・デ・ヨング/バルセロナ

8/15(木) 21:00配信

SOCCER KING

 シリーズでお送りしている“ラ・リーガ初挑戦の選手たち”。第4回は、今年1月に2019-20シーズンからのバルセロナ移籍が発表されたオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングだ。“バルサイズムを継ぐ男”とも称される同選手について、7つのトピックを紹介する。

■オランダ人史上最高額の男

デ・ヨングは1997年5月12日生まれの22歳。同僚のフランス代表FWウスマン・デンベレ(1997年5月15日)と同世代であり、移籍情報サイト『Transfermarkt』による市場価格でも、デンベレが1億ユーロ(約118億円)、デ・ヨングが8500万ユーロ(約100億円)と、“1997年生まれの選手”のランキングトップ2を独占している。そして、今回のバルセロナ加入に伴って支払われる移籍金は、ボーナスを含めて最大8600万ユーロ(約102億円)。2017年12月にサウサンプトンからリヴァプールに移籍したオランダ代表DFフィルジル・ファンダイクの8500万ユーロ(約100億円)をわずかに上回り、オランダ人史上最高額となる。

■背番号21

注目された背番号は「21」に決まった。クラブは当初、オランダのレジェンドでOBのヨアン・クライフ氏がつけた14番をつけるようデ・ヨングに提案。しかし、アヤックス時代にも着用した21番に正式決定した。自身の21歳の誕生日に祖父が亡くなったことから、デ・ヨングにとって“特別な番号”となっていたからだ。なお、バルセロナの背番号「21」は、過去にルイス・エンリケ氏やリリアン・テュラム氏らもつけた番号になる。

■ポゼッション愛

今夏の北米遠征中に実施された『ESPN』とのインタビューでは、ポゼッションへのこだわりを告白。ピッチ上で最も楽しさを感じる時間は、「自分たちがボールを保持しているとき」であり、「自分がたくさんボールにさわって、ボールを動かしているとき。チーム全体でポゼッションして、攻撃や味方とのコンビネーションプレーを見せているとき」に大きな幸せを感じると答えている。

1/2ページ

最終更新:8/15(木) 21:00
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事