ここから本文です

ソーメンで世界征服!? 秘密結社「フリーソーメン」に、本物のそうめん屋さんが加入し暗躍中

8/15(木) 16:00配信

まいどなニュース

 毎日毎日、うだるような暑さ。そんな中、今年も覆面を被った見るも怪しい「夏の秘密結社フリーソーメン」が各地で登場し、話題を呼んでいます。世界征服を目指す彼らが統治のよすがとするのが「ソーメン」。 強い日差しのもと行き場を失った人々に、氷水で冷えたつるつるのそうめんを無料で提供!…涼やかさの魔力で、人々を扇動し、支配してしまうといいます。同結社には、深い山あいにあるそうめん製麺所の2代目社長も加入して暗躍中。大自然に磨かれたソーメンを武器に、灼熱の大地に迷える私たちを強く導いているといいます。こんなことがまかり通って、本当に良いのでしょうか…。

【写真】フリーソーメンを解説する貼り紙。「怪しい者ではございません」と言われても…

 徳島名産「半田そうめん」をつくる製麺所のひとつ「白滝製麺」を営む森岡大悟さん(44)。フリーソーメンの活動はすでに6年目。今年も8月に白いTシャツで顔を隠し、メガネをかけた怪しげな姿で街中に登場、そうめんを配る活動を始めました。めんつゆには徳島名産つながりですだちを入れるこだわりで、その様子をツイッターに投稿したところ、「出会いたい!」「こういう紛らわしいの好き」といった反響が相次ぎました。

 半田そうめんは四国山地と吉野川に挟まれた徳島県つるぎ町・半田地区で作られてきたそうめんです。剣山をはじめとする急峻な山々から吹き降ろす冷たい風と、吉野川の豊かな水などに恵まれ、そうめんづくりが盛んになったという同地区。白滝製麺も緑深い山間で、手延べの伝統的な製法を守ってきました。製麺所のあたりを写した写真を見てください…ああ、これぞ「ザ・日本の山の中」みたいな豊かな自然に囲まれて…これだけで、なんかもう…おいしそうでしょ…!

 森岡さんは婿養子で、元サラリーマン。妻の父が体調を崩したのをきっかけに、8年前に跡を継ぎました。「事あるごとに義実家からそうめんをもらって食べていて、それがすごくおいしかった。廃業、という話が出たとき『もったいない』と訴えたら、引っ込みがつかなくなって(笑)」と振り返ります。

 とはいえ、そうめんづくりは全くの素人。従業員は6人で、製法は先代を始め、職人の「経験と勘」がすべて。教わる際も、指示は「こんな感じの柔らかさ」「この色になったら!」といった感じで…「独特の肌感覚を自分の中で『数値化』することにかなり時間がかかりました」と話します。

 気になる「フリーソーメン」の活動ですが、もともとは東京都内のウェブデザイナーが2014年にまちおこしの一環で始めたもの。ネットを通じて拡散しているのを森岡さんも発見し、「そうめん屋がやったらウケるかも」と乗っかってみることに。黒い覆面でそうめんを作る動画をYouTubeにアップしたところ「思惑以上にバズった」(森岡さん)とかで、今に至ります。そりゃそうですよね、配っているのは名産品、しかも覆面をとれば本職なのですから…!

 その後、黒覆面が「イスラム国を連想させる」と小さく炎上したため、覆面は白に変更。毎年徳島市内を中心に半田そうめんを作って配り、その魅力をアピールしています。

 半田そうめんの特徴は「太さ」にあるといいます。一般的なそうめんよりも太く、冷や麦くらいの太さで、「のど越しよりも食べ応え、かみ応えなどの食感がポイント。小麦の風味もより味わえます」と森岡さん。特に白滝製麺のものは「しっかり生地を熟成させてねっとり感を増し、何度も手延べをして伸ばしていく」といい、「仕上がるまで30時間かかります。うちは特になめらかさを犠牲にしてでもコシの強さを重視していますね」とのこと。

 えっと、何のお話でしたっけ…。ああ、森岡さんが秘密結社の活動を通して世界を目指しているというお話でしたね。地球温暖化の影響か、年々暑さを増す日本列島。森岡さん、世界はこれからどうなってしまうのでしょう…聞かせてください!あなたの真の目標は何ですか?

 「いつまでも健康で、おいしいそうめんを、長く長く、作りたいです」

 …そうですか。それは私たちにもきっと大きな希望になることでしょう!


(まいどなニュース・広畑 千春)

まいどなニュース

最終更新:8/15(木) 18:12
まいどなニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事