ここから本文です

アルゼンチン債大量保有のPIMCO、ペソ急落が襲う-金利は75%

8/15(木) 16:35配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米債券ファンド運営会社パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、世界トップクラスの利回りを誇るアルゼンチン国債(2020年6月償還債)を発行額の約30%相当買い入れる投資判断を行ったが、今週に入り通貨ペソが大幅安となったことで思惑が外れた。

9日段階で額面1ドル当たり104セントで取引されていたこの変動利付国債は、一時過去最安値の同71セントに急落。指標金利に連動する利回りは13日に過去最高の75%に急騰した。11日に実施された大統領選挙の予備選で現職のマウリシオ・マクリ氏が大敗すると、通貨ペソが急激に値下がりし、高利回りに伴う投資妙味が薄れた。

ペソの年初来の下落率は37%で世界の通貨の中で最も大きく、多くのアナリストはさらに大幅な下げ余地があるとみている。

ブルームバーグの集計データによれば、PIMCOはアルゼンチンが発行した20年6月償還債1420億ペソ(約24億ドル=約2550億円)相当の約30%を保有している。政府の国債発行再開に先立ちエクスポージャーを拡大した。

PIMCO広報担当のマイケル・リード氏は「市場の極端な動きに備える下振れプロテクションの拡充」によって保有資産の分散を図り、「他の大手投資家に影響を与えたような重大損失の危険を伴うより大規模なエクスポージャーを避けている」と説明した。同社のアルゼンチン国債投資リターンは為替のヘッジ度合いに左右されるが、リード氏はヘッジポジションについてはコメントしなかった。

原題:Pimco Bet on Argentine Bond Paying 75% Rate Hit by Peso Rout (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Ben Bartenstein

最終更新:8/15(木) 16:35
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事