ここから本文です

仲邑菫初段 女流棋聖3年以内に取りたい 囲碁最年少プロ浴衣姿で“大きく”宣言

8/16(金) 5:59配信

デイリースポーツ

 囲碁の最年少プロ棋士、仲邑菫初段(10)が15日、大阪市内で行われたイベント「令和元年 阪急電鉄納涼囲碁まつりin大阪」に参加。父の仲邑信也九段(46)とともに「『一芸の天才の育て方』を聞く」と題したトークショーに出演した。

 愛らしい黒を基調とした花柄の浴衣姿の仲邑初段は、同じ囲碁一家で4月にプロとなった同期の羽根彩夏初段(17)、父の羽根直樹九段(43)、母の羽根しげ子初段(46)とともに登壇。プロ棋士を目指し、アマ六段の実力というMBSの辻沙穂里アナウンサー(25)が進行した○×クイズで「3年以内にタイトルを取っている?」と質問され、羽根初段とともに○を上げた。

 具体的な目標として「何のタイトルを取りたいか」を聞かれた仲邑初段は、「女流棋聖」と超小声で回答。辻アナが「女流棋聖を取りたい」とフォローすると、会場にどよめきが起こった。

 ほかに「学校の勉強より囲碁の勉強の方が好き」に○、「囲碁より好きなものがある」には×と“囲碁一筋”の回答。憧れの棋士には井山裕太四冠(30)を挙げた。父の信也九段は「なかなか大変なんで、違う世界に行ってほしかった」と本音を吐露する場面もあった。

 この日の羽根初段との特別対局は、150手で中押し勝ち。約300人の観衆の視線を浴びた中、初めての浴衣だったこともあり「緊張しました」と振り返った。一方の羽根初段は「次は勝てるように頑張りたい」と7歳下のライバルにリベンジを誓った。

最終更新:8/16(金) 11:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事