ここから本文です

Dropboxに課金すべき理由となる5つの機能

8/16(金) 12:01配信

ギズモード・ジャパン

ついついDropboxのサブスクリプションまたポチってしまった…。

契約中のサブスクリプションを定期的に見直しても、絶対に削れないのがオンラインストレージです。外付けだと接続するのも面倒…。海外旅行中にアダプターの対応電圧を確認せずにつないだら壊れたことも苦い経験です。

【全画像をみる】Dropboxに課金すべき理由となる5つの機能

いまではDropbox、OneDrive、iClould、Googleドライブなど、オンラインストレージサービスがたくさん。その中でも、オンラインストレージの元祖であるDropboxは、さまざまなWebサービスとの連携度が高い定番のオンラインストレージです。無料枠や同期台数を突破してしまって、Dropboxをついついサブスクしてしまった人も多いかと思います。

というわけで、今回はDropboxのサブスクには価値があるという、その5つの理由を米ギズモードのDavid Nieldがご紹介します。Dropboxの隠れた機能が発見できるかもしれません。

2007年にDropboxが登場したことで、オンラインストレージ環境は激変しました。また、ストレージ費用の低下、ネット速度のアップ、高性能なモバイル端末の急増により、加速度的な進化を遂げています。いまでは、データの保存先に悩むことはありません。しかも大半は無料、それなら払わなくてもいいような気もしますよね。

異なる端末間でファイルをお手軽に同期できるDropboxの独自機能は、いまではWindows、macOS、Android、iOSでも当たり前になっています。

Dropboxの残念なところは2Gしか無料で利用できない点、ちょっと使うとすぐに一杯に…。(Google Driveなら15Gまで無料で利用可能)

Dropboxを本格的に利用するには、Dropbox Plusで月額1,200円、Dropbox Professionalで月額2,000円が少なくともかかります。お財布にはイタイですよね。でもでも、それでも、Dropboxにはサブスクしておく価値があるのですよ~。

1/3ページ

最終更新:8/16(金) 17:41
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事