ここから本文です

【RIZIN】堀口恭司、朝倉陣営の予想を一蹴「パニックになったことはない」

8/16(金) 14:33配信

イーファイト

 8月18日(日)愛知県・ドルフィンズアリーナで開催される『RIZIN.18』に出場する選手たちの個別インタビューが、16日(金)愛知県内にて行われた。

【フォト】堀口がフロントチョークで劇的一本勝ち

 メインイベントに出場するRIZIN、Bellator世界バンタム級 二冠王者の堀口恭司(28=アメリカン・トップチーム)がインタビューに登場。「あとちょっと体重を落とすだけ」という調整は、血色の良い肌色からも順調さをうかがえた。

 改めて対戦相手の朝倉海(25=トライフォース赤坂)の印象を「トータル的にできる選手」と評価した堀口。記者からは朝倉のレスリング力が向上しているという意見も出たが、それを踏まえても「(自分も)トータル的に強化してきたので、問題ない」と意に介さず。朝倉陣営が「堀口がパニックになるだろう」と予想していることに対しても「今まで試合中にパニックになったことは一度もない」と一蹴し、警戒レベルを変えることはなかった。

 7日に公開されたRIZIN公式動画の中で、石渡伸太郎(総合格闘技ジムCAVE)が「2R肩固めで堀口恭司の勝利」を予想。このことに触れると、堀口自身は「寝技、打撃、最終的に決まればいいかな」とフィニッシュの形にはこだわらないものの、選択肢の一つには入っていると宣言。これまで何度か行われてきたインタビューにおいて一貫して宣言してきた「フィニッシュでの勝利」の意志を改めて明確に見せた。

 最強の二冠王者に新進気鋭の若武者が挑む形の今回、堀口から見れば「勝って当然」とみられる試合だ。しかし堀口は迎え撃つ側が持つプレッシャーも全く感じさせず、いつものように「しっかりと自分の力を見せたい」と伸び伸びとした姿勢を見せて会見を終えた。

最終更新:8/16(金) 20:28
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事