ここから本文です

Snapdragon Wear3100を積んだMisfitの新型スマウォ「Vapor X」、これは期待できそう!

8/16(金) 12:31配信

ギズモード・ジャパン

Vapor Xは「スタイリッシュで高性能」なスマウォになれるのか?

続いて上記以外の改良点です。Misfitいわく「再設計された超軽量アルミニウム合金ケース」のおかげでVapor Xは軽くなったとか。Wear 3100を除けば、Vapor Xはスペック的にはVapor 2に似ています。4GBのストレージ、512 MBのRAM、スタンドアロンGPS、心拍数モニタリング、NFC決済(日本では未対応)、急速充電、そして30mまでの防水機能ですからね。

ですが似たようなスペックのFossil Sportは、キビキビ動く3100のおかげでパフォーマンスが格段に良くなっています。2100を積んだVapor 2と同じタイミングでFossil Sportを試しましたが、その違いは明らかでした。Vapor 2のほうが洗練されていたものの、ラグのある画面、フィットネス面でのパッとしないオプション、そしてイマイチなバッテリーの持ちを克服するほどではなかったのです。

そういった問題点が改善されているかどうかはVapor Xを試してみるしかありませんが、もし克服されていれば、これこそがスタイリッシュで高性能、手が届きやすい価格と三拍子そろったAndroidのスマートウォッチとなるかもしれません。

Source: Misfit, Montblanc, Louis Vuitton

たもり

2/2ページ

最終更新:8/16(金) 12:31
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事