ここから本文です

7割のフリーランスが報酬トラブルあり、損保ジャパンが日本初の保険

8/16(金) 20:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

期限になっても報酬が振り込まれない、一方的に減額されたなど、フリーランスの報酬トラブルにかかる弁護士費用を保障します──。プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会と損保ジャパン日本興亜は8月16日、日本初となるフリーランスで働く人向けの報酬トラブル弁護士費用保険「フリーガル」の提供を始めることを明らかにした。

【全画像をみる】7割のフリーランスが報酬トラブルあり、損保ジャパンが日本初の保険

背景にあるのは、約7割のフリーランスが取引先との報酬トラブルを経験しているとの調査結果だ。口頭契約も珍しくないフリーランスの世界では、報酬の不払いに対しても、弁護士費用が足かせとなり、多くが泣き寝入りという実態が見えてくる。

フリーランスは日本社会でなめられやすい

「フリーランスという立場が、日本社会でなめられやすいという問題があると思います。未払い報酬を取り戻しても、裁判にかかる費用で、相殺されてしまうケースも多い。(フリーランスへの未払いは)どうせ法的手段に訴えてくることはないと、企業によってはたかをくくっているのでしょう」

そう話すのは、プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会代表理事の平田麻莉さん.だ。平田さんはPRプランナー(広報)として、複数の取引先の仕事を受けてきた。過去に一度だけ、理不尽な理由で、数百万円分の報酬が未払いのままとなった経験がある。

「未払いには大きく分けて3種類あります。発注主と連絡が取れなくなる/契約書がないため、証拠がない/難癖をつけて支払いを拒否する ──です。私の場合は3つ目の、難癖でした」と、平田さんは説明。

「未払いを起こす発注主は資金繰りに窮している場合が多いです。自らが売り上げの回収ができずそれを予算の調整弁としていたフリーランスに向けてしまうという、未払いの連鎖も起こりがちです」

平田さんは弁護士に相談の上、訴訟を起こし、結果的に「和解」が成立。未払金については言い分が認められ、ほとんどが支払われることになった。

「信頼していた相手だったので、非常にショックで辛い思いもしました。ただ、ちゃんとした弁護士に相談して声をあげれば、未払い報酬は取り戻せることを身を持って証明できたので、気持ちも救われました」(平田さん)

裁判費用は数百万円にのぼり、フリーランスで働く身には、大きかったのは事実だ。この時の体験がベースになって、フリーランス協会の一般会員を対象に、報酬トラブル弁護士費用保険「フリーガル」が作られることとなった。

1/2ページ

最終更新:8/16(金) 20:00
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事