ここから本文です

マイラプソディは武豊騎手で野路菊Sへ 同厩舎の先輩ワグネリアンと同ローテ

8/16(金) 12:29配信

netkeiba.com

 7月7日の新馬戦(中京芝2000m)を制したマイラプソディ(牡2、栗東・友道康夫厩舎)は、引き続き武豊騎手とのコンビで、9月14日に行われる野路菊S(OP・阪神芝1800m)へ向かうことがわかった。

【写真】マイラプソディこれまでの軌跡

 マイラプソディは父ハーツクライ、母はアメリカのダートG1馬テディーズプロミス、その父Salt Lakeという血統。スローペースとなった新馬戦を、後方待機から上がり3F最速で快勝した。

 なお、同厩舎で昨年のダービー馬ワグネリアンも、(1週遅い)中京2000mの新馬戦を制してから野路菊Sに出走し、2馬身半差の快勝を見せた。

最終更新:8/16(金) 12:29
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事