ここから本文です

RG、天龍モノマネスルーのテレ朝から謝罪されるも…連日かすれ声で「革命」「タッグ」

8/16(金) 9:52配信

デイリースポーツ

 お笑い芸人のレイザーラモンRGが、再びテレビ朝日系「グッド!モーニング」の直撃取材を受けた様子が16日、放送された。RGは前日の放送で天龍源一郎のモノマネで対応したものの、番組はモノマネを完全スルー。この日の放送では再び「タッグ」「パワーボム」「革命」など天龍ワードをちりばめ対応したがあくまでも「喉が…」とモノマネを否定した。

 渾身の天龍モノマネをスルーされたRGは、一夜明け、再び同じテレ朝から直撃取材を受けた。取材陣から「天龍さんのモノマネに触れられずすみませんでした」と前日のモノマネスルーを謝罪されると「天龍さんのモノマネじゃなくて本当に声が出ないんです」とかすれ声で対応した。

 だが、相方のHGに関する質問をぶつけられると、「再び僕とちゃんとしっかりタッグを組めたらいいなと思います」と答え、スタッフも思わず「タッグ?」と聞き返した。

 その後も「2人、戻って来たらね、革命を起こすような漫才ができたらいいねっていうのは(LINEで)書いてました」と、天龍の代名詞ともいえる“革命”というワードも。

 また、若手芸人にアンケートを実施し、若手からも吉本を変えようとしているEXITのりんたろー。についても「あいつも∞ホールというリング…リングじゃない、舞台で、そこで革命を起こしてね、EXIT革命をね、起こしてなんとかしようという気持ちがあった」と語るコメントは天龍そのもの。最後には「りんたろー。、お前もな、このお笑い界というリングの中に、パワーボムを決めて、お笑い界を変えてくれ。お願いします」と、最後までかすれ声で対応した。

 このRGに、テレビ朝日のプロレス実況も務める吉野真治アナは、天龍のモノマネに「ソックリです」と太鼓判。「そもそも天龍さんは、アントニオ猪木さん、ジャイアント馬場さん、この2人から唯一ピンフォールを奪った伝説のレスラーなんです。そして必殺技がパワーボムなんです」と、天龍のすごさを解説。喉は大丈夫なのか?という問いにも「大丈夫だと思います」と語り、RGのモノマネを絶賛していた。

最終更新:8/16(金) 10:31
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事