ここから本文です

第3世代Ryzenだけではない! AMD X570チップセットというアップグレードパスの魅力

8/16(金) 17:38配信

ITmedia PC USER

 AMD X570チップセットは、第3世代Ryzen、NAVI世代のRadeon RX 5700シリーズをサポートするためのチップセットだ。

【写真】驚異的なスコアを記録したPCIe Gen4 x4接続のSSD

AMDから登場した新チップセット

 AMDは第3世代Ryzenで引き続きSocket AM4を採用している。そのため従来のCPU/APUを最新のAMD X570チップセット搭載マザーボードで動作させたり、逆に第3世代Ryzenを従来のチップセットで動作させたりすることが一部可能だ。一部というのは、第3世代Ryzenを動作させるためにはマザーボードのファームウェアを最新版にアップデートする必要があること、その上でも以下の表の通りいくつかの組み合わせではサポートされていないものがあるためだ。

 上の表を見れば分かるように、第1世代の古いCPUやAPUはAMD X570ではサポート外となり、第3世代RyzenではAMD 300シリーズがやや怪しい。第3世代RyzenとAMD A320の組み合わせはしっかり×がつけられている。

 AMD A320がサポート外であるのは、概ね理解できるだろう。AMD A320は低コスト向けで、ハイエンド中心にリリースされた第3世代Ryzenとは方向性が違う。また、表中の△はAMDによると「特定のβ版BIOS更新が必要」という表記となるもの。例えばAMD X470/B450チップセットでは、マザーボードメーカー各社からファームウェアが提供される。一方、AMD X370/B350チップセットの場合、マザーボードメーカー各社がファームウェアを用意してくれるかどうかは不透明なわけだ。言われているのはBIOS容量と、もう1つ懸念されるのはVRM回りなどハードウェア設計だ。

 このように、例えば第1世代Ryzenを当時のチップセットでそのまま利用している場合は、アップグレードに際し、CPU/APUとマザーボードの両方が必要になることもある。サポートの長いSocket AM4と言えど、常に技術も設計も進化している。一方でCPUは常に進化しているので、新しい設計を必要とすることもある。こう見れば、Ryzenは2世代以内に買い換えていくのがよさそうだ。

1/5ページ

最終更新:8/16(金) 17:38
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事