ここから本文です

奥山佳恵 ダウン症の弟持つ高2長男が「福祉の道」へ

8/16(金) 17:50配信

デイリースポーツ

 女優・奥山佳恵(45)が16日、ブログを更新。「ミライ」と呼ぶ次男・美良生君(7)がダウン症であることを公表しているが、高2の長男・空良君(17)が、今後の進路について「福祉の道」を考えていることを明かした。

 次男のプレ幼稚園で知り合った友達の家に、招かれた時の写真とともに、「ミライが生まれてきてくれたおかげで繋がったご縁♪」と長男が年下の子供たちと楽しそうに遊ぶ写真などをアップ。「昔からそーですが、空良はみんなの人気者!」「幼稚園のイベントに空良と遊びに行っても、よく空良の姿は見えなくなるくらいモミクチャだもんなー」と伝えた。

 そして「そんな空良の将来の方向性が決まりました!福祉への道です♪」と長男が進路を決めたことを公表。「ミライをはじめ、こうしてたくさんの子どもたちによって発掘された空良が持っている『いいところ』だと思う!」「ありがとう、お友達 ありがとう、子どもたち♪」とダウン症の弟を持ち、多様性のある子供たちの中で育った、弟のおかげで発見できた“道”に感謝した。

 奥山は39歳の誕生日だった13年3月11日のブログで「ライライこと、私のかわいい美良生くんは、ダウンちゃんとして生まれました!」と公表。小さく生まれ、なかなか黄疸が取れず、精密検査をしたところ、心臓に穴があいている『心室中核欠損症』と判明し、その後、染色体の検査結果を知ったことを明かした。

 ダウン症だと告げられ、血の気がひいたという奥山だが「ライライがだいすき」「とってもかわいい」という思いに変わりはない、とつづった。長男も最初こそショックを受けていたというが、事実をすぐに受け入れ、「ぼくはライライと遊ぶよ。それだけはたしか。たとえ、どんなライライでも。」と弟を抱っこしながら言ってくれたことなどを伝えていた。

最終更新:8/16(金) 18:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい