ここから本文です

「魔術士オーフェン はぐれ旅」開幕、松本慎也「舞台上に魔術を出せる」

8/16(金) 19:12配信

ステージナタリー

舞台「魔術士オーフェン はぐれ旅」が、昨日8月15日に東京・新宿村LIVEで開幕した。

【写真】舞台「魔術士オーフェン はぐれ旅」より。(メディアギャラリー他13件)

これは秋田禎信によるライトノベル「魔術士オーフェン」シリーズをもとに、脚本を吉田武寛、演出を松多壱岱が手がける舞台版。8月15日に実施された囲み取材には、出演者よりオーフェン役の松本慎也、クリーオウ役の天音みほ、マジク役の奥井那我人、アザリー役の花奈澪、チャイルドマン役の冨森ジャスティンが出席した。

松本は「魔術士オーフェン」シリーズが今年25周年を迎えたことと、テレビアニメ版「魔術士オーフェンはぐれ旅」が来年1月にスタートすることなどに触れながら、「節目の年にみんなでこの作品をやれることを幸せに思います」と胸の内を明かす。また見どころについて松本は「技術の力と優秀なスタッフさんのおかげで、舞台上に魔術を出すことができる」と語り、上演に向け「劇場でキャラクターたちが生きている姿を楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを送った。

続く天音は「原作ファンの方にも、舞台で初めて『魔術士オーフェン』を知る方にも楽しんでもらえるようなクリーオウになれるよう、千秋楽までがんばります」と意気込みを述べ、奥井も「舞台でしかできない『魔術士オーフェン』の魅力を楽しんでいただけたら」と呼びかけると共に、「25周年、おめでとうございます!」と祝福する。また花奈は「魔術で新宿をぶっ壊したいと思います!」と気合十分な様子で話し、冨森は「いいメンバーがそろいました」とカンパニーに信頼を寄せつつ、「ラストに大注目です」と期待を煽った。

上演時間は約1時間45分。公演は8月18日まで行われる。

■ 舞台「魔術士オーフェン はぐれ旅」
2019年8月15日(木)~18日(日)
東京都 新宿村LIVE

原作:秋田禎信「魔術士オーフェン はぐれ旅」(TOブックス)
脚本:吉田武寛
演出:松多壱岱

□ キャスト
オーフェン:松本慎也

クリーオウ:天音みほ
マジク:奥井那我人
ボルカン:西尾来人
ドーチン:中村悠希

キリランシェロ:上堂地かんき
フォルテ:小栗諒
コミクロン:佐藤友咲
ハーティア:佐川大樹
レティシャ:千歳ゆう
コルゴン:木村優良
マリアベル:桃咲まゆ

アザリー:花奈澪

チャイルドマン:冨森ジャスティン

アンサンブル:松田浩毅、樋口拓馬、小田峻平、飯原優、宮ノ尾美友

(c)秋田禎信/TOブックス/舞台『魔術士オーフェン』製作委員会

最終更新:8/16(金) 19:12
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事