ここから本文です

斉藤朱夏、バースデーライブで感涙「こんな幸せな誕生日は初めて」

8/16(金) 22:38配信

オリコン

 Aqoursとしても活動する斉藤朱夏が、8月14日にミニアルバム『くつひも』をリリースし待望のソロデビュー。そんな斉藤の誕生日となる8月16日に、東京・お台場ヴィーナスフォート パレットプラザにて、バースデーフリーライブ『8401』を開催。会場には誕生日を祝う約3000人のファンが集まった。

【写真】シースルのキュートな衣装で熱唱する斉藤朱夏

『ラブライブ!サンシャイン!!』の渡辺曜役を務め、多くの熱烈なファンから支持を受ける斉藤。本イベンの最初のMCでは「こんな幸せな誕生日は初めて!皆さんライブタイトル『8401』の意味分かりました?実は生まれてから、23歳になるまでの日数が8401日、そして私の記念すべきアーティストデビュー日が8月14日。0814というふたつの意味が入っているんです!」とライブタイトルの秘密を明かした。

 そして、「23歳になるまでの軌跡を込めたミニライブにできたらなと思っています。最高に楽しんでいきましょう!」と曲振りをすると、会場から「ハッピーバースデー」の大合唱。駆けつけたファンは“朱いうちわ”を掲げ、会場は斉藤のキーカラー朱一色に染まった。

 ファンからの思わぬサプライズに大粒の涙をこぼす斉藤。会場は温かい感動に包まれた。斉藤は「これから、アーティスト斉藤朱夏をどうかよろしくお願いいたします。たくさん楽しい未来を作っていこう!」と、感謝の気持ちを込めたメッセージを伝え、笑顔とともにライブを締めくくった。

最終更新:8/18(日) 10:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事