ここから本文です

友釣りの腕競う 9月1日に大塔鮎釣り大会

8/16(金) 16:45配信

紀伊民報

 アユの友釣りの腕を競う「大塔鮎釣り大会」(実行委員会主催)が9月1日、和歌山県田辺市の大塔地域などの日置川流域を舞台に開かれる。

 大会は、おとりアユも含めた釣果匹数で競う。当日は、同市下川下498の「富里カヌー工房」駐車場に集合。開会式の後、午前7時から予選(4時間)をし、正午から上位10人で決勝(2時間)をする。参加者対象の福引き抽選会もある。

 21日まで参加者を募っている。参加費は1人1500円(おとりアユ2匹含む)。遊漁券(年券1万800円、日券3240円)が別途必要で、当日販売もある。昼食時には軽食を提供する。

 参加希望者は、はがきに「大塔鮎釣り大会申し込み」と書き、参加者の住所、氏名、携帯電話番号を記入し、郵便番号646―1192 田辺市鮎川2567の1、大塔行政局産業建設課内「大塔鮎釣り大会実行委員会」事務局へ郵送すればよい。ファクス(0739・49・0359)や電子メール(oto@city.tanabe.lg.jp)でもよい。電話での申し込みはできない。

 問い合わせは事務局(0739・48・0301)へ。

紀伊民報

最終更新:8/16(金) 16:45
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事