ここから本文です

メイクと整形、あなたはどちらを極める?リアルを伝え続ける人気YouTuberに聞いてみた

8/16(金) 9:01配信

AbemaTIMES

■「回数は10回、費用は1000万円ぐらい」整形のリアル伝えるYouTuber

 「回数は10回を超えている。金額で言うと1000万円ぐらい」。一重まぶたがコンプレックスだったという轟ちゃんは、これまで目や鼻、顎の骨を削るなどの整形手術を受けてきた。今はその経験を元に“整形のリアル“をYouTuberとして発信している。

 「中学2年生の時にブスブスブスと言われ続けて、コンプレックスになってしまった」。それを解消かのするように18歳から整形を始め、8年間かけて今の状態に。内気だった性格も、手術を重ねるうちに自信が持てるようになったという。「ビフォーアフターのきれいな部分だけが世の中に出ていて、魔法みたいなものと思われているのではないかと思った。“こんなに痛い期間もある。腫れた期間もある“というのを見せていくことで、考えてほしいから。整形を決意したり、逆に止めたりという子も出てくるのではないかと思う」と、名前と顔を出して発信している理由について説明した。

 だからこそ、轟ちゃんのカメラは手術室まで潜入する。「自分の骨と別れの瞬間。自分のこの顎の切り取った骨は見せてもらって、“あ~さようなら~“とやっているところ(笑)」。“ダウンタイム“と呼ばれる、手術からの回復期間の間も撮影し、発信する。24日目の動画では「まだ顎のところが、全然神経が回復していないからすごい変な感じがする」と説明していた。こうしたリアルな整形情報が評判を呼び、チャンネル登録者数は約34万人、総再生回数は1億回を超えている。

 整形のメリットについて「朝アイプチにかける時間が減ったり、好きなアイシャドウの色を塗れたり、すごく自信が持てて楽しくなった」と話す轟ちゃん、「失敗したこともある。鼻のプロテーゼが大きく曲がったり、上唇を切ったことで痺れが残ってしまっていたり。でも、お金は返ってこないし」と、リスクについても明言する。

 「“これが私だ“、というアイデンティティの顔は?」と尋ねられると、「全部が自分。努力の積み重ねというか、その都度自分のことを認めてあげたいという気持ちがある。最初は両親も心配していたが、YouTuberとして何を伝えたいのかを分かってくれるようになってからは、反対しなくなった。今はこうやって輝いて、色々とやらせてもらっているのを見て、お母さんも“全然いいんじゃない“と」。

 一方、あえて整形を選ばなかったすうれろちゃんについては、「整形したからこそメイクも楽しめるようになったという部分もあると思う。メイクも整形も良いところがいっぱいあって、私もすうれろちゃんに学ぶことがいっぱいあるし、どちらも1つの選択肢として楽しんでもらえたらいいなと思う」と話していた。

2/3ページ

最終更新:8/16(金) 11:17
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事