ここから本文です

マカオの19年1~7月累計カジノ税収2.3%増の約8788億円…歳入の9割弱占める=年度進捗率は68.4%

8/16(金) 16:35配信

マカオ新聞

 マカオ政府財政局が8月15日付で公表した最新の財政収支データによれば、今年(2019年)1~7月累計の歳入は前年の同じ時期から1.4%増の770億3669.8万マカオパタカ(日本円換算:約1兆0073億円)で、年度(1~12月)予算執行率は65.7%だった。

 このうち、ゲーミング(カジノ)税収は2.3%増の672億1220.2万マカオパタカ(約8788億円)で、年度予算執行率は68.4%。歳入に占めるゲーミング税の割合は87.2%。

 マカオにおけるゲーミング税の税率は、カジノの場合で売上のおよそ40%に設定されている。

 歳出は2.8%減の414億3480.2万マカオパタカ(約5418億円)で、年度予算執行率は41.7%にとどまった。投資計画分が対前年で大幅減となったためで、経常性費用に限ると12.4%増。

 財政収支は356億0189.5万マカオパタカ(約4655億円)の黒字で、前年同期から10.1%増、年度予算執行率は197.1%に達している。

最終更新:8/16(金) 16:35
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事